無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊娠中に「ウーロン茶」や「玄米茶」を飲んでもよい?意外と知らないこんなものにもカフェインが!

子育て

妊娠中にカフェインの過剰摂取が良くないことは、多くの方が知っていると思います。例えばコーヒーや紅茶、玉露やエナジードリンクはカフェイン含量が多いので、飲みすぎには注意が必要です。

一方で、ウーロン茶や玄米茶、デカフェの飲料には、全くカフェインが含まれていないと勘違いされている方もいるようです。

そこで、今回は妊婦さんが飲んでも大丈夫なカフェイン量をお伝えするとともに、意外と知られていないカフェイン含有飲料についてもお伝えします。

妊娠中のカフェイン過剰摂取のリスク

カフェインを過剰に摂取すると、中枢神経系の刺激によるめまい、興奮、不安、不眠症、吐き気などの健康被害をもたらすことがあります。

特に妊婦がカフェインを摂りすぎると、胎盤から胎児に移行し、出生時の胎児が低体重になったり、将来の健康リスクが高くなったり、また高濃度のカフェイン摂取で自然流産を引き起こす可能性があると言われています。

では、妊婦が摂取してはいけない高濃度のカフェイン量とはどの程度なのでしょうか。

妊娠中のカフェイン摂取目安量

妊婦さんが摂取しても良いカフェイン摂取量について、実は日本では過剰摂取の注意喚起はなされているものの、カフェインの一日摂取許容量(ADI)は定められていません。

一方海外では具体的に数値を定めているところもあります。

【妊婦が摂取しても悪影響のないカフェイン最大摂取量についての海外の基準値】

・世界保健機構(WHO):300㎎/日

・カナダ保険省:300㎎/日

・英国食品基準庁(FSA):200mg/日

・欧州食品安全機構(FESA):200㎎/日

・オーストラリア保健・食品安全局(AGES):200㎎/日

海外の指標によると、カフェイン摂取量は1日200~300㎎までのようです。

コーヒーに換算すると、約2~3杯分になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ