無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お尻・お腹・太ももの筋肉をほぐせば確実にやせる!「こぶしカッサ」基本のやり方

美容

まずほぐしたいのは「お尻」「お腹」「太もも」!

「こぶしカッサ」とは、こぶしを使って筋肉のこりをほぐし、基礎代謝を上げていくダイエット法のこと。特別な道具は何も必要なく、やり方もとっても簡単なので、多くの女性たちに支持されているメソッドです。

体の中で特にこりやすい場所は、大きな筋肉があるところ。具体的には「お尻」「お腹」「太もも」です。これらの部分をしっかり刺激して、全身の血流をよくしておくだけで、体がスッキリして基礎代謝がぐんとアップします。

そのうえで、悩みがある部位にこぶしカッサをすると、効果を最大限に引き出すことができます。

それでは早速、基本のこぶしカッサにチャレンジしてみましょう。

※「お尻」のやり方に関しては、こちらの記事をチェックしてくださいね。

こちらの記事

「わき腹」を伸ばして姿勢を整える

【姿勢】

体を傾けて、ほぐす側のわき腹を伸ばす

【刺激する場所】

ろっ骨下から骨盤の間のわき腹ライン。

【やり方】

わきの下のろっ骨下部分にこぶしを当てて、親指以外の指の関節を下(骨盤方向)へ軽く圧をかけながらスライドさせる。左右10回ずつ。

スマホをのぞき込んだりしていると前かがみの状態が続きますよね。そうすると、わき腹の筋肉が縮み、緊張状態になってしまいます。そこで、こぶしカッサでしっかりほぐすことで姿勢がよくなり、呼吸もしやすくなりますよ。

パツパツの「太もも外側」にしっかりアプローチ!

【姿勢】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ