無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無駄を減らせばもっと節約♡食材を使い切るためのヒント7選

ライフスタイル
fortyforks / GettyImages

他のものも食べたいと思ったら、まずは今あるものを使い切ってから買い足しましょう。少なめに買っておけば、予定外の外食で自炊ができなかった時でも安心です。

④買いだめするなら缶詰!

下ごしらえ不要で時短にも♡

数日間で使い切れる分だけ買えば無駄が少なくなりそうですが、忙しすぎてスーパーに寄る時間がない日もあるのでは?そんなときに便利なのが、缶詰のストックです。

Kuvona / GettyImages

缶詰なら下ごしらえがいらないので、美味しいだけでなく時短にもなりますよ。ただし、缶詰にも賞味期限はあります。できれば週1回は使って、定期的に買い直すようにしてくださいね。

保存版!「缶詰」をもっと美味しくするアレンジレシピ20選

そのまま食べても美味しい惣菜缶詰を、もっと美味しくアレンジしてみませんか?パパッとできて美味しさ倍増♡ 定番缶詰を使った美味しいレシピを集めました。
1242

⑤週に1回は食材使い切りメニュー!

余った食材が美味しい料理に変身♡

1品作るには足りないけれど捨てるのは勿体ない、中途半端な量の野菜や肉が余ってしまうことはありませんか?そういった食材はカレーや野菜炒め、スープなどに入れて、まとめて使ってしまえばいいんです。

TatayaKudo / GettyImages

週1回はこういった大量消費レシピで料理することを心がけると、食材が余らなくなりますよ。1品だけで栄養をたっぷり摂れるのも嬉しいですね。

⑥「緊急」ボックスを冷蔵庫に置く

手前に出すことで使い忘れを防ぐ!

一番傷みやすいのは肉や野菜などの生鮮食品ですが、調味料などにも消費期限はあります。もうすぐ切れてしまうもののために、冷蔵庫に収納ボックスを置いておきましょう。

Nikodash / GettyImages

このボックスを冷蔵庫手前に置いておけば、奥から期限切れのものが出てきた…なんてことはなくなるはず。もちろんそれと同時に、定期的に冷蔵庫全体を整理整頓することも大切です。

節約にもつながる!食材を無駄にしない冷蔵庫のスッキリ収納術7選

食材を買ったのは良いけれど、いつも余らせてしまう…。その原因は、冷蔵庫の整理が上手くできていないからかもしれません。これを機に、冷蔵庫の使い方をおさらいしてみませんか?
2273
記事に関するお問い合わせ