無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無駄を減らせばもっと節約♡食材を使い切るためのヒント7選

食費を節約しようと思って特売の野菜などを買い込んだものの、使い切れなくて無駄にしてしまったことはありませんか?そこで今回は、食材をきちんと使い切るためのヒントをご紹介します。

2018年8月
ライフスタイル

できるだけ食費を抑えたい♡

節約したいと思って家計簿を見直したとき、まず気になるのは食費ではないでしょうか?家賃などの固定費などとは違い調節しやすく、頑張ればグッと抑えることもできますよね。

そのためには、安い食材を買って自炊することが基本です。しかし、買いすぎたり予定外の外食が増えて、使い切れず傷ませてしまったことはありませんか?

どんなに安くても、捨てることになったらお得とは言えません。ここでは買った食材を無駄なく使い切り、確実に食費を節約するためのコツをご紹介します。

①冷凍できるものはする

調理しやすい状態にしておくと便利!

食材が余ってしまったときは、やはり冷凍しておくのがベスト。しかし例えば肉をパックごと冷凍したら解凍に時間がかかり、使うのが面倒になってしまいますよね。

食材を冷凍するときは、小分けにしたり下味をつけておきましょう。一部を今晩のおかずにして残りを冷凍すれば、意外と簡単に準備できますよ。

簡単&絶品なスピード料理の素!肉料理の下味冷凍レシピ10選

コスパ抜群の美味しい肉料理がスピーディーに作れる「肉料理の下味冷凍」を始めてみませんか?まとめ買いした肉類を簡単に下ごしらえして冷凍保存するだけで、味がしっかり馴染んだ「スピード料理の素」が作れますよ。お肉大好き女性におすすめの下味冷凍レシピをご紹介します。
12480

②リストにないものは買わない

特売があってもグッと我慢

買い物リストを持ってスーパーに行くのは、もはや常識です。しかし予想外に特売のものを見つけたら、つい買いたくなってしまいませんか?

「特売」「お買い得」の文字を見ると節約できそうな気がしてしまいますが、特に1人暮らしの場合は無駄が増えるだけ。その日に下準備をして冷凍できそうなもの以外は、買わないのが一番の節約です。

③冷凍できない野菜は少なめに買う

食べ終わってから買い足すのが◎

例えばレタスやきゅうりは一応冷凍できますが、食感が変わって生で食べられなくなりますよね。そういった冷凍に不向きで日持ちしない野菜は、1回の買い物につき1~2種類だけにしておくことをおすすめします。

記事に関するお問い合わせ