無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏のバカンスで要注意!カップルで喧嘩になる原因BEST8

カップルにとって夏はバカンスに行くなど楽しいことばかり。しかし、出かけた先でケンカになってしまうこともあります。せっかくの旅の思い出が台無しにならないように、旅行先でカップルがケンカになる原因と解決法を知っておきましょう。

2018年8月
恋愛・結婚

カップルでバカンスを満喫中なのに…

こんなところでケンカしたくない!

夏は彼とのバカンスを満喫できたら幸せですよね。しかし、非日常の旅行というのは今まで見えない一面を知ることもあり、ケンカに発展してしまうことも多いです。

そこで、夏の旅行先でカップルが喧嘩になる原因をランキング形式でご紹介します。解決策や回避する方法も合わせて知っておきましょう。

第8位:飲みすぎ寝すぎ

相手を思って行動すべし

旅行先でお酒を飲みすぎたり、寝過ごしたりして、結果的に二人で一緒に過ごせなかった…こんなことがあれば悲しいですよね。旅行中は羽目を外したくなるもの。しかし、待たされた側が怒るのも当然です。

Photo by Blake Guidry / Unsplash

自分が飲みすぎたり寝過ごしたりしたら、彼に心から謝りましょう。次に旅行するときは気をつけて。彼がしたなら、そのときは一人で行動して楽しみましょう。次からは気をつけてほしいことを伝えるのも忘れずに。

たった一人で待たされていた相手を思うと、行動を改めたくなるものです。彼がまた同じことをしたら、付き合いを考えた方が良いかもしれません。

第7位:待てるか待てないか

二人の気持ちを尊重すべし

テーマパークのアトラクションの行列や、一方の買い物に付き合っている時間に、待てるか待てないのかというのもケンカの原因の一つです。待っている時間が楽しい人もいれば、そんな時間があるなら別のことをしたいという人もいます。

旅行に行く前に彼と話し合い、待てるのか待てないのかを確認しておきましょう。お互いに相違があるならば、計画のここは絶対に行きたいから待つ、それ以外は別の場所を探す、など二人の意見を取り入れて考えていきましょう。

第6位:お金

予算を決めておくべし

旅先なら思いっきりお金を使いたいのか、そこまで散財はしたくないのかも、人によって違います。旅行でのお金に対する考え方が違うと、お金で渋られてやりたいことができなかったり、逆にたくさんお金を使う相手に冷や冷やしたりすることもあるでしょう。

これも事前に話し合い、最初から予算を決めておくことをおすすめします。何にどれだけお金を使うのかというのもケンカの原因になりやすいので、「ここは譲れない」という点をお互いに知っておくことも大切です。

第5位:二人とも疲れている

しっかり休むべし

旅行はいつもと違う場所でたくさんの予定をこなそうとし、動いている量もいつもより多いので、二人とも非常に疲れています。夏だと暑さもありますしね。

疲れていると相手に気を遣うこともできなくなり、ちょっとしたことでもイラついてしまいます。小さなことでもお互いに火が付いて、激しいケンカになってしまうこともあるでしょう。

疲れからケンカにならないように、旅行中でもしっかり休むように心がけましょう。予定を詰め込みすぎず、休憩時間や休息日を設けるのもありです。また心構えとしても、疲れているから自分もイライラしやすい状態だというのを自覚しておきましょう。

第4位:予想もしないハプニング

旅行はハプニングが起きると心得るべし

旅行はハプニングが付きものです。交通機関がものすごく遅れたり、天気が悪かったり、予定が中止になったり。そのハプニングにあたふたして頼りない彼を見て、幻滅してしまう女性もいるようです。旅行が予定通りに進まず、しかも楽しめそうにないと、その不満や怒りを相手にぶつけたくなるのかもしれません。

臨機応変に対応できるタイプなら、何か別のことを彼に提案しましょう。計画的にしっかりやりたいタイプなら、事前にハプニングが起きたときの別のプランをいくつか考えておくことをおすすめします。

それでも、予想もできないハプニングが起きるのが旅行です。想定できるハプニングは対応を考え、トラブルが起きる可能性があると覚悟しておくことで、お互いに配慮してぶつかることも減るはずです。

第3位:計画の立て方

計画は二人て立てるべし

実際に旅行に行ってみて、彼と計画の立て方や進め方が合わないという場合もあります。ざっくりなのか、きっちりなのか。まったり旅をしたいのか、アクティブなのか。とりあえず行き先だけを決めて自由にしたい人もいれば、細かく予定を決めてスケジュールをこなしていきたい人もいます。

カップルでタイプが違っていると、お互いに不満が募ってしまうでしょう。まず計画を一人だけに任せないこと。お互いがどういうタイプなのかをきちんと知った上で、二人とも満足できる計画を二人で考えましょう。

Photo by rawpixel / Unsplash

二人で考えればお互いに責任があるので、一方を責めることにもなりません。一方が我慢したり優先したりすることなく、お互いを尊重して計画を立てることで、二人とも楽しめる旅行になるはずです。

第2位:旅行への態度の違い

楽しくなさそうな態度に気をつけるべし

旅行に来たときのテンションの違いというのも、ケンカの原因になります。相手が楽しくなさそうな態度だと嫌な気持ちになりますよね。逆に自分も不満げな態度になっていないか気をつけて。

疲れていたりつまらなかったりするのかもしれませんが、あまりにも態度に出し過ぎると彼も落ち込みます。彼が立てた計画なら余計に気持ちが落ちてしまうでしょう。

旅行はこれきりではないのですから、もし不満な点があれば、次回の旅行に生かせると考えれば良いのです。行きたい場所を彼にハッキリ伝えたり、気になる態度は旅行先ではなくその都度言ったり、態度でぶつかることのないようにしましょう。

第1位:ケンカをしても別々になれない

冷静になって仲直りすべし

旅行中にケンカをしてしまうと、距離や時間を置くことができず、居心地が悪いまま相手と一緒に過ごさなければなりません。冷却期間がないので、余計に二人をイライラさせてしまいます。

旅行中でも工夫次第で一人になれる方法はあります。ホテルのラウンジにあるカフェで過ごすとか、プールに一人で行くなど。一度冷静になれる時間を作り、じっくりと考えましょう。

そして、例え自分に非がないとしても、謝りましょう。そうすれば彼も謝ってくれるはず。楽しい時間を過ごしているうちに怒っていた気持ちも消えてしまいます。素敵な旅行にするために、自分が一歩動く勇気を持ち、仲直りしましょう。

旅行を存分に楽しめますように

旅行はイレギュラーなことが多く、トラブルになってケンカをすることも増えます。これからも彼と過ごしていきたいなら、それも乗り越える試練の一つなのかもしれません。

ケンカを回避したり上手に解決をして、二人にとって旅行が良い思い出となりますように。

記事に関するお問い合わせ