無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝スイカでダイエット!夏におすすめのスイカアレンジレシピ

美容

まずは、スイカの栄養と健康効果をチェック!

暑くてたまらないときにスイカを食べると、体がスーッとクールダウン。それもそのはず、スイカは100g中89.6g、つまり約90%が水分で、キンキンに冷やして食べれば、冷たい水をグイッと飲んだようなもの。しかも、あんなに甘いのに、カロリーは100gあたり37kcal。カロリーを気にせずに、安心して食べられる夏のフルーツの代表です。

そして、水では栄養をとることはできませんが、スイカにはカリウムが含まれています。カリウムは野菜やフルーツに多く含まれているミネラルの一種で、次のような働きがあります。

・利尿作用があり、腎臓の老廃物の排泄を促してデトックス
・塩分のとりすぎで過剰になったナトリウムの排泄を促す
・ナトリウムとともに細胞内の水分量を調節し、浸透圧を維持する
・血圧の上昇を抑制する
・筋肉でエネルギーがつくられるのを助ける
・夏バテを予防する

最後の夏バテは、ちょっと外に出ただけで大量にかく汗とかかわりがあります。カリウムは汗と一緒に体外に排出されてしまうため、夏場は体内のカリウム量が不足しやすくなります。すると、食欲不振、筋力低下、気力減退などの症状があらわれ、夏バテにつながるというわけ。そのため、今こそカリウムをしっかり補給する必要があります。

食材に含まれるカリウムの量は、ゆでる、煮るなどの調理によって減少しますが、生食なら損失なし。スイカのように生で食べるものなら、十分に補給できます。

また、スイカはフルーツの中ではβ-カロテンを多く含むことも特徴。紫外線、エアコンによる肌の乾燥などが気になるこの時期、肌をすこやかにする作用や抗酸化作用などが期待できそうです。

夏ダイエット&夏バテ予防の影の応援団、“シトルリン”

スイカに含まれるもうひとつの注目成分が、シトルリンです。実はこれ、スイカから発見されたアミノ酸の一種。血管を拡張して血流を改善する作用や、カリウムと同様の利尿作用があるといわれています。

血流がよくなるということは、冷え性の改善、むくみの解消、新陳代謝アップなどの効果が期待され、ダイエットにとってもメリットになります。利尿作用があることから、夏バテ防止にも効果的です。

シトルリンはスイカのほか、きゅうり、ゴーヤ、冬瓜など、この時期おいしいウリ科の食材にも含まれています。やはり旬の食材は、夏の体調維持の頼もしい味方です。

続いては、スイカを使ったレシピをご紹介します!

“朝スイカ”で1日をスッキリとスタート。もちろんおやつにも

夏じゅう楽しめるスイカのレシピにトライしてみましょう。スムージーやサラダにして朝食にとり入れれば、夏バテ予防に最適! 水分が豊富で低カロリーで、お腹をふくらませるのにもよいから、食前に食べれば食べ過ぎ防止にも役立てられます。

スイカのスムージー<142kcal>

■材料(2人分) ■
スイカ…300g
冷凍ミックスベリー…80g
牛乳…200ml

■つくり方■
(1)スイカは果肉を切り取ってひと口大に切り、種を取り除き、ポリ袋などに入れて冷凍する。
(2)凍った(1)、冷凍ミックスベリー、牛乳をミキサーにかけてなめらかにし、グラスに注ぐ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ