無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ザギトワも惚れた…話題の「SHISEIDO メイクアップ」新商品を全紹介!

8月1日、SHISEIDOの新メイクアップアイテム発売を記念し、発表会が開催されました。先日、平昌冬季オリンピック女子フィギュアスケートシングル金メダリスト、アリーナ・ザギトワ氏がグローバルアンバサダーとして就任したことが発表され、俄然盛りあがりを見せるSHISEISO。会場には、いち早く新製品をトライしたいと世界各国からVIPの来場者が。ananwebも潜入取材してきました!

メイク

新「SHISEIDO メイクアップ」は、4つのテクスチャーでアイテムをカテゴライズ

9月1日に新発売する新「SHISEIDO メイクアップ」は、製品を従来のように目もとや口もとなどの使用部位でわけるのではなく、「GEL(ジェル)」、「DEWS(デュウ)」、「INKS(インク)」、「POWDERS(パウダー)」の4つのテクスチャーによってアイテムをカテゴライズ。

パッケージデザインは、漆のような赤のラインやスリムなフォルムなどで「MODERN JAPAN」をテーマにしています。全15品目、124品種、ツ―ル6種と大型のラインナップのなかからテクスチャー別にアイテムをピックアップしてお届けします!

1. GEL(ジェル)を「再発見」する。

ヴィジョナリー ジェルリップスティック 全28色 各1.6g 各3,600円(税抜) 2018年9月1日発売。

世界中にファンを持つ「アルテミューン」を生み出し、スキンケアアイテムの先駆者として常に次世代のジェルテクスチャーをつくりだしてきた資生堂。そんな資生堂ならではのジェル技術をメイクアップに応用し、軽さとインパクトのあるカラーを実現。

「ヴィジョナリー ジェルリップスティック」は、唇に直塗りしてみると、心地よくス―っと軽く伸びて均一に発色。まるで、絵の具を含ませた筆で描いているように鮮やかに発色します。

212 Woodblock。

223 Shizuka Red。

夏メイクは、薄づきのピュアなリップアイテムが主流で、この日も軽く仕上げたリップメイクだったので「きちんと口紅をひく」という行為がとっても新鮮! ほんのりツヤのあるセミ・サテン、にごりのないクリアな発色は、口紅のよさを再発見させてくれます。

212 Woodblock、223 Shizuka Redの2色は、落ち着いた大人っぽいカラー。酷暑により日焼けしてトーンダウンしてしまったわたしの肌色にもよくなじみ、品のある口もとにしてくれました。

「クリアさが違う!」ヤミツキになる、SHISEIDOのクリアグロス

SHISEIDO クリスタルジェルグロス 9mL 3,500円(税抜) 2018年9月1日発売

数あるカラーアイテムのなかで存在感を放っていた「SHISEIDO クリスタルジェルグロス」。各ブランド、ひと通り透明なグロスを発売しているなかで「この時期に透明グロス?」と少し意外に思い、他のブランドとの違いをスタッフに聞いてみたら「クリアさが違います!」と回答が。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ