無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どこのボーダーを選ぶ?名品ボーダーが揃う5大ブランドをチェック♡

ファッション

定番ボーダーカットソーはどこがオススメ?

トレンド感をばっちりアピールできるわけではないのに、ワードローブにあると安心する「ボーダーカットソー」。ですがいつの間にか、何も予定のない日専門のアイテムになっていませんか?

なんとなく「普通」に陥りがちなボーダーアイテムをとびきりオシャレに見せるには、「ボーダー名品」に頼るのが近道。今年も来年もシーズンレスで使えるアイテムだからこそ、投資する価値があるのです。

wear.jp

ボーダーと言えばやっぱりフレンチブランドが優秀!大人こそ本気で買いたい5大ボーダーブランド、セントジェームス、アニエスベー、ルミノア、プチバトー、オーシバルの代表アイテムや着こなしをご紹介します。

SAINT JAMES

人気のバスクシャツ「ウェッソン」「ナヴァル」

フランス北部ノルマンディー地方で創業した老舗のセントジェームス。ネームタグにもしっかり刻まれている通り、1889年に創設された歴史あるブランドです。

ボートネック、長袖のフォルムはノルマンディー地方の漁師やヨットマン等の船乗り達が着ていたもの。実用的に考えられた素材で、洗濯機で洗っても型崩れしにくいしっかりとした素材が特徴です。

しっかりとハリ感があるバスクシャツの「ナヴァル」と「ウェッソン」が人気。定番色の白×黒のボーダーこそ、女度高めなアイテムと合わせて。ワンツーコーデも手抜き感ゼロに。

NAVAL

SAINT JAMES

¥ 13,824

セントジェームスの長袖定番シャツ、ナヴァル。ボートネックの胸もとと肩口が無地でスッキリと着こなせるのが特徴。

商品詳細
NAVAL
www.shop-st-james.jp
商品詳細

OUESSANT "BORDER"

SAINT JAMES

¥ 10,800

ナヴァルよりも生地が厚手のウェッソン。目のしっかりとした素材で洗濯機でガンガン洗ってもへたれ知らず。むしろ長く着ていくことによって肌になじむような風合いが特徴です。カーキ×生成りのコンビネーションも新しい。

商品詳細
OUESSANT "BORDER"
www.shop-st-james.jp
商品詳細
公式HP

agnes b.

王道のパリシックが叶うブランド

フレンチカジュアルを代表するパリ発のブランド「アニエスベー」。ラガーシャツをイメージソースとしている通り、均一なボーダー幅が特徴。

記事に関するお問い合わせ