無料の会員登録をすると
お気に入りができます

きつい印象になってない? 自分のマスクメイクをチェック! ざわちんが教えるマスクのときのNGメイク

メイク

NGメイク1 マットな肌

「マスクはマットな質感のものが多いので、肌もツヤのないマットの肌にしてしまうと、ドライな印象になりがち。女性らしく華やかな印象を与えるためにも、ツヤ感がある肌づくりを目指して」(ざわちんさん)

ファンデーションは薄づきでOK。コンシーラーやハイライトを使ってツヤ肌に仕上げていくと、女性らしくやさしい雰囲気に。

NGメイク2 派手なピンクのチークカラー

マスクをしていても見える高い位置までチークを入れていきましょう。
「チークを入れるときちんと感や女性らしさが打ち出せます。上から下に薄くなるようにグラデーションをつくればマスクをはずしたときにも自然です。肌なじみのよいカラーを選んで」

青みピンクなど、派手な雰囲気のカラーは昔顔になる原因に。目もととチークの色味は合わせるのが正解。

NGメイク3 目尻の下のアイライン

前回お伝えした通り、たれ目に見せるメイクでやわらかい雰囲気をつくると◯。
でも、「たれ目は強調できるものの、目尻の下のブラウンは厚化粧に見えるのでNGです」
上品なメイクには見えないので ご注意を。

NGメイク4 マスクで顔が大きく見える?

最後にマスクの選び方も重要です。
「マスクのサイズ感にも目を向けて、フェイスラインがきれいに見えるジャストサイズのものを選びましょう。サイズを間違えると、顔が大きく見えたり、色合いによっても肌がくすんで見えたりします。あごのラインがぴったり合うよう、大き過ぎず小さ過ぎず、顔がきれいに見えるもの選んでください」

品よくかわいいマスク美人になれるざわちんさんのマスクメイク術。
マスク生活が長くなり、メイクへのモチベーションが落ちそうになりますが、そんなときこそ新しいマスクメイクに一新! これまでのメイクを少し変えてみると新たな“自分の顔”に出合えるかもしれません。

参考書籍

『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』(アスコム)好評発売中

文/庄司真紀

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ