無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それって本当に節約上手?「残念なお金の使い方」チェックリスト

ライフスタイル

例えば、5000円以下が送料500円、5000円以上で送料が無料になるショップがあるとします。今、あなたのお買い物額は4000円だとします。すると、あと1000円お買い物をしなくては送料が無料になりません。

送料無料にするために無理やり不必要なものを1000円分お買い物をするのはお得ではありません。逆に、今の合計金額が4500円~4999円の間だったら、500円分の商品を追加したほうが送料も無料になり、結果的にお得になります。

外食は「食べ放題」「飲み放題」

外食するのならば、食べ放題や飲み放題のお店に入った方がお得なのでしょうか?食べ放題や飲み放題では、「支払った金額以上のものを食べて、元をとらなきゃ!」という心理が働きます。

元を取りたいという思いから、普段食べる量よりもだいぶ多くの量を食べたり飲んだりするかもしれません。結果的に単品で同じ量を頼む金額よりも、食べ放題で支払った金額の方が安くなることでしょう。

でもよく考えてみてください。いくら安くても、同じ金額で同じ量の料理を頼むでしょうか?安くても無理してお腹いっぱい食べるよりは、自分のお腹に見合った量をおいしく食べたほうが健康にも良いはずです。

「家計費節約」のためのその行動は?

「大量パック」「徳用サイズ」はお得?

コストコや業務スーパーなどの人気で、個人でも業務用の食材が気軽に手に入るようになりました。でも、今の生活で本当にそのサイズの量が必要なのでしょうか?

よく使うものでなければ、大量パックや徳用サイズは買わないと思います。ですが、よく使うものだからこそ落とし穴があります。「たくさんあるから」「徳用で買ったから」という理由で、気持ちにも余裕が生まれて、つい多めに無駄使いしてしまう傾向になり得るのです。

必要最低限の量であれば、無駄使いすることもなく、むしろ節約のために大事に使うようになります。特に一人暮らしの人は、大量パックを買ったために賞味期限に迫られ、必要以上に無駄な使い方をしてしまうので注意が必要です。

「家にいるとエアコン代がかかるからお出かけ!」は?

暑い夏場や、寒い冬の時期。「家にいるとエアコン代がかかるから、この際外出して電気代を節約しよう!」と考えることはよくありますよね。でも、その行動、本当に節約になっていますか?

電気代の節約のために、カフェに行ったり、ウィンドウショッピングをして欲しいモノが見つかったり…。それからご飯の時間になれば、外食をすることだってありますよね。電気代の節約のために、外でいくらお金を使っているでしょうか。

記事に関するお問い合わせ