無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夕方からの顔、大丈夫?アラサーからの「お疲れ顔」を防ぐテク

若い時にはピチピチだった肌が、年齢を重ねると「お疲れ顔」に見られてしまうことも。。。血色が悪くなったり、くすみが気になったり、年齢を重ねると徐々に現れ始める「お疲れ顔」を解消するメイクテクニックをご紹介します。

2018年8月
メイク

今から始めるべき「お疲れ顔」対策

www.pexels.com

年齢を重ねると徐々に気になり始めてくるのが「お疲れ顔」。夕方鏡を見ると、自分の疲れた顔のギョッとした!なんてことはありませんか?

www.pexels.com

年齢を重ねると、夕方だけではなく、朝に前日の疲れを引きずった顔をする日が増えたり、ファンデーションを使っても顔色が悪く見えてしまうことも増えていきます。

finda.photo

肌のくすみが気になったり、肌艶の低下、メイク崩れが早くなったと感じるのも「お疲れ顔」のサインです。「お疲れ顔」が気になったら、すぐに対策を始めましょう!

下地で差をつけろ!疲れない肌ベース作り

朝の下地作りはマッサージから

pixabay.com

前日飲み過ぎた…。最近疲れが抜けないな…。と感じて起きる朝は顔色が優れなかったり、メイクのりが悪くなりやすいものですが、年齢を重ねると若いころより明らかに、しっかりと顔に現れるようになります。

pixabay.com

疲れて見える原因は、顔のくすみ。朝はしっかりと前日の肌疲れを取り除き、内側から肌が輝くように、艶感をアップさせてからメイクをすることが大切です。

pixabay.com

メイクを始める前には、まずは肌のマッサージを行い、血行を促進することから始めてみましょう。リンパの流れを意識して、顔のツボを意識してマッサージを行うと、それだけでくすんだ肌色がアップするはずです。

www.photo-ac.com

長時間マッサージする必要はありません。3分から5分程度、たっぷりの乳液やクリームを使って、顔のツボや筋肉を刺激していきます。

pixabay.com

ゆったりとマッサージをしてからメイクを始めることで、普段使っているスキンケアがよく肌に馴染むようにもなり、メイクのノリも格段にアップします。

「お疲れ顔」を防止する化粧下地

www.photo-ac.com

「お疲れ顔」が気になるようになってきたら、それを防止してくれる化粧下地を使うのがお勧めです。肌の透明感をアップさせてくれるのはもちろん、時間が経過してからのクスミの原因にもアプローチしてくれます。

www.photo-ac.com

下地を選ぶ際には、顔のクスミを防止して美肌に見せるだけではなく、しっかりと外的刺激から肌を守ってくれる優秀なものを使用するのがお勧めです。

www.photo-ac.com

潤いがしっかりと持続する高保湿な化粧下地なら、夕方から現れる「お疲れ顔」にしっかり働きかけてくれます。

pixabay.com

大人の「お疲れ顔」対策には優秀な化粧下地選びが重要なポイントなるので、肌と相性のいいものをしっかり選んでおきたいものです。

ブルーミング グロウ プライマー

SUQQU

¥ 6,480

大人の肌くすみをケアし、ヘルシーな透明肌を長時間持続させてくれるSUQQUの化粧下地。化粧下地を使用するだけで、ファンデーションがよく肌に馴染み、気になる毛穴や肌のムラを簡単にカバーすることができます。ナチュラルでヘルシーな大人の素肌を演出してくれます。

商品詳細
ブルーミング グロウ プライマー
onlineshop.suqqu.com
商品詳細

午後のメイク直しで行う「お疲れ顔」ケア

「疲れ」を見せないメイク直しテクニック

www.pexels.com

夕方からの「お疲れ顔」を防止するためには、疲れ始めた肌色を再びカバーし、皮脂や外的刺激から崩れ始めた肌の質感を整えながらメイク直しを行う必要があります。

www.pexels.com

朝のスキンケアから時間が経ってから気になり始めるのが肌の乾燥。皮脂が出て、オイリーになっていると思っても、皮脂の下の肌自体は乾燥している…なんてことは少なくありません。

小万田 on Instagram: “CHICCAのチークと優秀パフ☀

#pink#チーク#chikka#locari#コスメ”
instagram.com

そこで、大人のメイク直しにはパフと美容液の存在が欠かせません。ティッシュで軽く皮脂を抑えた後、パフを肌に滑らせ、朝に塗ったファンデーションや皮脂をしっかりとオフしていきましょう。

www.pexels.com

その後、美容液を使って保湿し、改めて化粧下地を使用して肌のベースを作っていきます。崩れた部分をしっかりとオフしてからメイク直しすることで、厚塗り感のないフレッシュな透明肌を再び作ることができます。

www.pexels.com

うっかり皮脂や崩れたファンデーションをのせたまま、ファンデーションを重ねると、メイクが崩れやすいだけではなく、厚塗り間が出て老けた印象を周囲に与えてしまうので、あまりお勧めできません。

疲れを呼び込まない“冷え”対策

pixabay.com

「お疲れ顔」は普段の生活習慣を気を付けることも大切です。くすみの多くは血行不良や寝不足が原因となることも…。体を温めることを心がけるだけでもくすみはケアすることができます。

小万田 on Instagram: “体を温める

#herbtea#ittala#ぎりしゃのお土産
#locari”
instagram.com

疲れを感じたときにセルフマッサージやストレッチを行ったり、体を温めるハーブティーを飲んでみるなど、冷えを呼び込まない生活習慣はそのまま「お疲れ顔」を遠ざける生活習慣とも言えます。

www.pexels.com

メイク直しのタイミングなどで、ぜひ合わせて行ってみるのがお勧めです。

疲れた顔は見せない大人の女♡

いかがでしたか?疲れた顔は見せないのが大人の女性です。ぜひ小さなメイクテクニックで「疲れ顔」知らずのうる艶肌を目指してくださいね♡

記事に関するお問い合わせ