無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夕方からの顔、大丈夫?アラサーからの「お疲れ顔」を防ぐテク

若い時にはピチピチだった肌が、年齢を重ねると「お疲れ顔」に見られてしまうことも。。。血色が悪くなったり、くすみが気になったり、年齢を重ねると徐々に現れ始める「お疲れ顔」を解消するメイクテクニックをご紹介します。

2018年8月
メイク

今から始めるべき「お疲れ顔」対策

www.pexels.com

年齢を重ねると徐々に気になり始めてくるのが「お疲れ顔」。夕方鏡を見ると、自分の疲れた顔のギョッとした!なんてことはありませんか?

www.pexels.com

年齢を重ねると、夕方だけではなく、朝に前日の疲れを引きずった顔をする日が増えたり、ファンデーションを使っても顔色が悪く見えてしまうことも増えていきます。

finda.photo

肌のくすみが気になったり、肌艶の低下、メイク崩れが早くなったと感じるのも「お疲れ顔」のサインです。「お疲れ顔」が気になったら、すぐに対策を始めましょう!

下地で差をつけろ!疲れない肌ベース作り

朝の下地作りはマッサージから

pixabay.com

前日飲み過ぎた…。最近疲れが抜けないな…。と感じて起きる朝は顔色が優れなかったり、メイクのりが悪くなりやすいものですが、年齢を重ねると若いころより明らかに、しっかりと顔に現れるようになります。

pixabay.com

疲れて見える原因は、顔のくすみ。朝はしっかりと前日の肌疲れを取り除き、内側から肌が輝くように、艶感をアップさせてからメイクをすることが大切です。

pixabay.com

メイクを始める前には、まずは肌のマッサージを行い、血行を促進することから始めてみましょう。リンパの流れを意識して、顔のツボを意識してマッサージを行うと、それだけでくすんだ肌色がアップするはずです。

www.photo-ac.com

長時間マッサージする必要はありません。3分から5分程度、たっぷりの乳液やクリームを使って、顔のツボや筋肉を刺激していきます。

pixabay.com

ゆったりとマッサージをしてからメイクを始めることで、普段使っているスキンケアがよく肌に馴染むようにもなり、メイクのノリも格段にアップします。

記事に関するお問い合わせ