無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無意識に発してない? 「彼を疲れさせる言葉」NG集

「彼が、突然不機嫌になることがある」と感じたり、今までに「一緒にいると疲れる」と言われたことがある人はいませんか?今回は、無意識に言ってしまいがちな彼を疲れさせるNGワードと、ケンカを回避する言い方を紹介します。

2018年8月
恋愛・結婚

前から気になっていた相手の欠点に関して「また?」と言いたくなる時こそ、グッと我慢。自分も言われたら嫌な時こそ、言葉選びや伝え方は慎重に。ケンカの最中に持ち出したり、お説教をしてしまうとNGです。

www.pexels.com

2人の関係で良くなってきていることにも目を向けてみましょう。「自分の方が我慢している」と感じている時、相手も同じことを思っているかもしれませんし、欠点が目につく時こそ、長所にも目を向けるべきです。

③「どっか、連れて行って!」

お互いが忙しかったり、彼の方が忙しかったりすると2人で会う時間も減ってしまいます。そんな時こそ、2人でどこかに出かけたくなるものですが、相手にまかせっきりにしたり、相手のリードを期待していませんか?

たまには、自分から

いつも連れて行ってもらう側なら、たまには自分からデートを提案してみるのも良いかも。2人で行きたかった場所や話題になっている場所にいくと◎。疲れているならリラックスや癒しをテーマにすると一石二鳥です。

www.pexels.com

「この間言ってた〇〇」「食べたいって言ってた…」など、一言添えるだけで、「よく覚えてくれてるな」と感じるだけでなく、気にかけてもらえていると気付くキッカケにも。

Photo by Clem Onojeghuo / Unsplash

外に出るのが億劫な時や、インドア派の人には夕涼みついでに散歩をしつつ、美味しいコーヒーを飲みにカフェに行ったり、話題の本を探しに行ったり、映画を見たりしても良いですよね。

④「相変わらず〇〇」

相手の事を長く知っているからこそ、良い部分よりも悪い部分が目についてしまいがち。相手にイラっとしてしまった時に、「相変わらず、変わらないよね」「何回言っても変わらないよね」と嫌味を言っていませんか?

ついでの嫌味は、言わない!

ケンカやイライラの原因になってしまったこと以外のことは、持ち出さないのがベター。昔のケンカや相手にされて嫌だったことを根に持っている人ほど、思い出したかのように「ついで」に文句を言ってしまいがちです。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ