無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無意識に発してない? 「彼を疲れさせる言葉」NG集

「彼が、突然不機嫌になることがある」と感じたり、今までに「一緒にいると疲れる」と言われたことがある人はいませんか?今回は、無意識に言ってしまいがちな彼を疲れさせるNGワードと、ケンカを回避する言い方を紹介します。

2018年8月
恋愛・結婚

「お前といると、疲れる…」

www.pexels.com

言われたくない言葉と言えば、「お前といると、疲れる…」など、一緒にいることや彼女としての存在まで否定されたと感じるような言葉ですよね。今回は、彼を疲れさせるNGワードと、ケンカの回避法を紹介します。

マンネリ打破!もっと彼がかまいたくなる♡さりげないLINEテク5選

「最近、マンネリ気味かな?」「彼からの連絡が来なくて寂しい」と感じている人におすすめ! 彼にウザがられずに仲が深まるLINEテクニックをご紹介します。
498

①「もっと〇〇してよ!」

相手が自分の事が好きだと分かっているからこそ、欲張ってしまって「もっと〇〇してほしい!」と思いますよね。あまりにもしつこく言い過ぎると、「疲れる」と言われてしまうかも。

自分は、どう?

www.pexels.com

相手にしてほしいことは、もしかすると自分が相手に出来ていないことかもしれません。もっと連絡をしてほしい時、自分から連絡するタイミングを見直してみたり、愛情表現が必要なら、自分からもしてみましょう。

まずは、「感謝」から

www.pexels.com

外国に比べると、日本人は愛情表現に恥ずかしさを感じてシャイになりがち。褒められることに慣れていない人も多いからこそ、戸惑いがちですよね。そんな時こそ、まずは「感謝」の気持ちを素直に伝えてみましょう。

www.pexels.com

「ありがとう」は、言う側も言われる側も嫌な気がしない言葉で、どんな世代の人にも感謝の気持ちを伝えられる言葉です。当たり前だと思っていることや小さなことでも感謝の気持ちを持ってみることが第一歩です。

②「また?」

ずっと前から約束していた予定をドタキャンされたりすると、ガッカリしますよね。何回も続くと、「また?」と言いたくなる気持ちは理解出来ますが、彼のせいじゃないのに、一方的に責められると彼もイライラします。

言ってはいけないシチュエーション

www.pexels.com

前から気になっていた相手の欠点に関して「また?」と言いたくなる時こそ、グッと我慢。自分も言われたら嫌な時こそ、言葉選びや伝え方は慎重に。ケンカの最中に持ち出したり、お説教をしてしまうとNGです。

www.pexels.com

2人の関係で良くなってきていることにも目を向けてみましょう。「自分の方が我慢している」と感じている時、相手も同じことを思っているかもしれませんし、欠点が目につく時こそ、長所にも目を向けるべきです。

③「どっか、連れて行って!」

お互いが忙しかったり、彼の方が忙しかったりすると2人で会う時間も減ってしまいます。そんな時こそ、2人でどこかに出かけたくなるものですが、相手にまかせっきりにしたり、相手のリードを期待していませんか?

たまには、自分から

いつも連れて行ってもらう側なら、たまには自分からデートを提案してみるのも良いかも。2人で行きたかった場所や話題になっている場所にいくと◎。疲れているならリラックスや癒しをテーマにすると一石二鳥です。

www.pexels.com

「この間言ってた〇〇」「食べたいって言ってた…」など、一言添えるだけで、「よく覚えてくれてるな」と感じるだけでなく、気にかけてもらえていると気付くキッカケにも。

Photo by Clem Onojeghuo / Unsplash

外に出るのが億劫な時や、インドア派の人には夕涼みついでに散歩をしつつ、美味しいコーヒーを飲みにカフェに行ったり、話題の本を探しに行ったり、映画を見たりしても良いですよね。

④「相変わらず〇〇」

相手の事を長く知っているからこそ、良い部分よりも悪い部分が目についてしまいがち。相手にイラっとしてしまった時に、「相変わらず、変わらないよね」「何回言っても変わらないよね」と嫌味を言っていませんか?

ついでの嫌味は、言わない!

ケンカやイライラの原因になってしまったこと以外のことは、持ち出さないのがベター。昔のケンカや相手にされて嫌だったことを根に持っている人ほど、思い出したかのように「ついで」に文句を言ってしまいがちです。

www.pexels.com

相手にイライラしている時や、ケンカをしている時ほど、自分を守ろうとしたり、正当化しようとして相手の事を打ち負かそうとしたり、あえて傷つくようなことを言ってしまいがち。そんな時こそ、落ち着いて深呼吸を。

⑤「疲れた」

www.pexels.com

疲れている時に聞きたくない言葉として挙げられるのが「疲れた」。自分も疲れている時に、相手や自分の周りで「疲れた」アピールをされると、さらにドッと疲れを感じるんですよね。

みんな、疲れてます。

1日中バタバタして、自分1人の時間が取れない時や、ホッと一息つく暇もない時はありますよね。それは彼も同じです。疲れた時にこそ、リラックスしたり、のんびりする時間を取ることも大事です。

⑥「私の方が〇〇!」

特に、自分が頑張っているなと感じる時や、目が回るような忙しさを自分1人で対処出来た時、抱えていたものを次々とクリア出来た時の達成感があるからこそ、つい相手と比べてしまう人も。

共感を高めよう!

www.pexels.com

「私の方が〇〇!」と言ってしまうと、比べられた方はイヤな気分になりますよね。そんな言葉だからこそ、「私たち、いつも頑張ってるよね!」「お互い頑張ろう!」というと、相手も自分も認められた気分になります。

気を遣うのはお互い様

www.pexels.com

「相手にもっとこうしてほしい!」と思うからこそ、まずは自分の話し方や言葉の選び方を見直してみると、トゲのない伝わり方でお互いのイライラも回避出来るかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

これって倦怠期?彼と上手くいかない時の5つの乗り越え方

今の時期は、気候的にも気持ち的にも不安定で安定しない季節ですよね。今回は、そんな時期に彼と上手くいかないと悩んでいる人に読んでほしい!好きな人とうまくいかない時の乗り越え方をご紹介します。
336
記事に関するお問い合わせ