無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キウイ+塩で「食べる点滴」!? 熱中症予防にピッタリなお手軽ドリンク

今年の夏は、例年の夏と比べて厳しい暑さが続いています。そんなときには、普段の暑さ対策に+αで対策をすることも大事です。そこで、今回は管理栄養士の足立香代子先生に、熱中症を予防するためのセルフチェックと毎日続けられる食事法を教えていただきました。

レシピ

熱中症予防は“トイレでチェック”

まず熱中症予防で気をつけなくてはならないのは、水分と塩分の不足です。水分不足は、排尿でチェックすることができます。人は1日平均で6~7回程度排尿しますが、この平均より回数が少ない人は水分が不足していると言えます。
また、尿の色をチェックすることも熱中症予防のヒントに。尿の色が“濃い黄色”になっているときは、水分不足で体液が濃くなっている状態。朝一番の尿が濃い黄色なのは、夜中に血液が濃くなった証拠です。
日中の尿はやや薄めの黄色なら大丈夫ですが、濃すぎるのは水分不足かもしれないので注意してください。

さらに、汗をかくことによって水分と同時に塩分も排出され、塩分不足となってしまいます。このようなときは、水分と同時に塩分補給もするといいでしょう。
コップ1杯の水に食塩を2本の指でひとつまみ入れたものを飲んだときに、塩加減がちょうどいいと感じたら、塩分がたくさん失われている証拠です。

熱中症予防に必要な栄養素とは?

熱中症予防のために“こまめな水分補給”や“塩分補給”が大事ということは、みなさん知っていると思います。しかし、実はこれだけでは十分ではありません。
熱中症予防のためには、水分補給と同時に「糖・塩・カリウム・マグネシウム・カルシウム」の補給が必要です。水分と同時に、これらの栄養素を補給することで、体が正常に機能するようになります。

実は、キウイフルーツに塩をプラスするだけで熱中症予防にピッタリなお手軽ドリンクがつくれるんです!

熱中症予防に最適!!キウイ+塩の“食べる点滴”

熱中症予防に最適な経口補水飲料は、点滴と同じ成分を補給できることで知られています。それと同じ役割を果たしてくれる食べものが、キウイフルーツに塩を加えた“食べる点滴”です。
キウイフルーツには水分のほかに、点滴に含まれる栄養素である糖、カリウム、マグネシウム、カルシウムが含まれています。これに足りない塩を加えるだけで、点滴と同じ栄養成分の食べる点滴に。

食べる点滴「キウイの手もみスムージー」

<材料/1杯分>
・キウイフルーツ:1個
・塩:0.5g
・水:コップ1杯分程度

<つくり方>
(1)皮をむいたキウイをカットしてジッパータイプの袋に入れて、キウイフルーツの実をすり潰すように手でもむ。
(2)塩を0.5g入れる。
(3)最後にコップ1杯程度の水を注いで完成。

続いては、食べる点滴のアレンジレシピもご紹介します!

ソルティキウイ

<材料/1杯分>
・キウイフルーツ:1個
・塩:0.5g
・はちみつ:大さじ1/2
・炭酸水:100cc
・ミント:お好みで

<つくり方>
(1)皮をむいたキウイフルーツをカットしてジッパータイプの袋に入れ、キウイフルーツの実を潰すように手で揉む。
(2)塩、はちみつを入れてさらに揉みこみ、そこへ炭酸水を注いでまぜて完成。
お好みでミントなどのハーブを加えると、さっぱりいただけます。

このレシピで使用した炭酸水は胃腸を刺激し、食欲不振になりがちな夏にぴったり! またキウイフルーツの食物繊維やはちみつに含まれるオリゴ糖は、乱れがちなお腹の調子を整えてくれる効果も。キウイフルーツに含まれるクエン酸は、夏の疲労回復効果やエネルギー代謝をあげるのに役立ち、ビタミンCは紫外線などからの抗酸化作用も期待できます。

食べる点滴は寝る前がおすすめ!

人は睡眠中に約500~600mlの汗をかきます。汗として出る水分や栄養素を補給するのは、寝る前がおすすめです。特に高齢者の場合は、のどの渇きや暑さに対する感度が低下しているため、日中の水分補給が不足しがちに。
寝る前の食べる点滴で、この夏を元気に乗り切りましょう!!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ