無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[国立新美術館]ミュージアムショップ「SOUVENIR FROM TOKYO」のアートなグッズ

旅行・おでかけ

国立新美術館のミュージアムショップ「SOUVENIR FROM TOKYO(スーベニアフロムトーキョー)」では「東京的視点で発信するデザインやアート」に関するアイテムを幅広くセレクト。東京で活躍するアーティストの作品や、伝統工芸品に現代的なエッセンスをプラスしたグッズなどがたくさん。日常使いやギフトにもピッタリなグッズは、ユニークで新しい東京土産として人気!

「SOUVENIR FROM TOKYO」のスタッフおすすめ、“フロムトーキョー”なアートグッズ3選

左からTOKYO PiXELの名画Tシャツ「ひまわり」「真珠の耳飾りの少女」各4104円

カクカク&ポップでキュートな名画がTシャツに

「TOKYO PiXEL」のTシャツは、名画をピクセルで表現。懐かしいテレビゲームのようなカクカクとしたイラストは、名画をかわいく、かつシンプルにデフォルメしているから、普段着としても活躍できそう。
「9月24日(月)までの間は、TOKYO PiXELのアイテムを集めた『ピクセルアートミュージアム』を開催。名画Tシャツの新作もご紹介します」と、ストアマネージャーの新良美さん。

左から、Carton の「Long Wallet」10800円、「RAFT」3780円

段ボールが生まれ変わった姿は、なんとお財布!

こちらのお財布やカード入れ、なんだか見たことある気がすると思った人も多いのでは?
「実は、段ボール製。アーティストの島津冬樹さんが、世界各国で不要になった段ボールを集めて手作りしたアイテムです」(新さん)。
こちらでは中でも東京で集めた段ボールだけをセレクトしており、どこでゲットしたか記したカード入り。どんなものが詰められていたか想像しながら選ぶと楽しそう。

銀座 菊廼屋の「冨貴寄 赤小丸」1188円

うっとりするほどかわいい老舗の銘菓とコラボ

朱色の缶を開けると、小さく愛らしい干菓子がびっしり! 銀座の老舗菓子店「菊廼屋」とコラボした冨貴寄(ふきよせ)は、「新」の文字をモチーフにしたロゴが描かれた干菓子のほか、豆菓子や金平糖など数十種のお菓子入り。
「定番の人気アイテムで、お土産に購入される方が多くいます」と新さん。開けたときの「わぁ!」という感動を、大切な人におすそ分けして。

編集部が見つけたひとめぼれアイテム

左から、ignuts お野菜のにぎにぎ「金時にんじん」「深谷ネギニギ」「きゅうりちゃん」各3132円

目が合うと思わず笑顔になってしまう“野菜”たち

布製の野菜は、赤ちゃんのおもちゃの“にぎにぎ”。子供が口に入れてもいいようにオーガニックコットンを使い、専用の染料で色を付けたハンドメイド品で、作家のnatsukoさんがひとつひとつ手作り。誕生祝いに赤ちゃんへプレゼントするのもいいし、インテリアとして飾ってもすてき。よく見るとそれぞれ色や表情が違うので、よく吟味して、お気に入りを見つけて。

店内のギャラリースペースでの展示や店内での催事などを定期的に開催しており、ぞくぞくと新しいグッズが登場するから、何度訪れても出会いがある「SOUVENIR FROM TOKYO」。若手クリエイターの作品など、ここでしか見つからないアイテムも多数あり、ギフト探しにもぴったり。自分へのご褒美やプレゼントを探しているときは、こちらを訪れてみて!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ