無料の会員登録をすると
お気に入りができます

さあ、沿線に息づくストーリーを巡りましょう。 大井川鐵道本線をぶらり。ローカルな物語に出会える!ステキな旅ルートをご案内。

旅行・おでかけ

まずは車両の魅力を味わおう。どれも個性的な大井川を走る車両たち!

大井川鐵道本線が全通したのは1931年。やがて1976年のSL復活で、観光列車として一躍脚光を浴びた。近年はきかんしゃトーマス号が話題をさらっているが、SLと普通列車も魅力的。停車4駅のSLは現役4両のなかでも一番古い1930年製。

35~45年製の客車は、上品なシートや木の温もりを感じる座席など味わい深いしつらえ。汽笛の音もそれぞれ違うので聞き比べを。

普通列車は、1960年代後半、近畿日本鉄道で走っていたもの。昭和の名残りを感じさせる個性的な車両空間の旅は、ほかでは味わえない心地よさがある。

チェック柄のカーテンがあか抜け、ふかっと体を受け止めるシートも心地いい!かわいらしいオレンジ色が、山々の緑に映える。「SLは石炭の匂いや車輪が回る感触が独特。普通列車より速度は遅いけど、そのぶん景色はゆったり流れる。各駅を巡るなら普通列車で」と機関士さん。さて、どの列車に乗って旅に出ようか。

1.途中下車のたびスタート!お供はSL始発駅で。キュートなラテとお弁当を。/新金谷

駅前〈プラザロコ〉のきかんしゃトーマス弁当950円&エキナカ〈This Is Cafe 新金谷駅店〉のSLラテ420円(各税込)を手に準備万端!

〈This Is Cafe 新金谷駅店〉・〈プラザロコ〉
■0547-46-5810(This Is Cafe、7~10月はトーマスSL運行日のみ、以降はSNSを確認)

2.進行方向左側の窓に注目!約40体が集う名物・たぬき村。/神尾

畑や川沿いと、駅の立地もさまざま。山中の神尾駅では、ホームで信楽焼のタヌキが迎えてくれる。始まりは約40年前、SLの車掌ガイドが「無人駅にも楽しみを」と乗客からのチップで買い集めるようになったそう。車掌姿のミニタヌキも探してみて。

3.趣ある家山駅の駅舎。古き良き時代に思いを馳せる。/家山

大井川鐵道本線の全19駅は、そのほとんどが1927~30年に建造されたもの。29年建造の家山駅には、まだまだ当時の雰囲気が
残っている。駅前のポストからハガキを出したり、ベンチに座ってひと休みしたりと、昔ながらの風情に浸ってみたい。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ