無料の会員登録をすると
お気に入りができます

行方不明になったくびれを見事に復活させる3つのトレーニング

これまで8回にわたって紹介してきた、緊急ボディメイク術。最後の仕上げは「くびれ」です。今年の夏も、秋も、これからも、美しいくびれを持ち続けるためのメニューを、パーソナルトレーナーの桑崎寛さんに教えてもらいました。

桑崎 寛

美容

固定すべき部位をしっかり固定し、ひねりを大きく!

ウエストがゆったりしたパンツやスカートが流行していることから、そのはき心地に慣れてしまい、気がついたら「くびれ」が行方不明になっていませんか?

「ひねったり、上半身を大きく動かしたりする機会がないと、わき腹にある腹斜筋が伸縮されず、お肉がついてしまいます。そのため、くびれをつくるエクササイズは、体の側部を大きく使う動きが中心になります。ウエストをひねるメニューでは、上半身をしっかり固定し、骨盤から下半身を動かして大きくひねることを心がけましょう」(桑崎先生)

どんなファッションが流行しようとも、ウエストが美しくくびれていれば、怖いものなし。まずは、今回紹介するメニューでくびれを見つけ出して。筋トレ習慣が身につけば、どんどん理想のくびれに近づけるはず!

クロコダイル

1 おなかを床に向けて、両手両つま先をつきます。手は肩の下でつき、頭からかかとまでのラインが一直線になるように。

2 左足を床から浮かせて左ひざを曲げ、ひざをひじに近づけます。視線は曲げたひざに向け、左肩は上がらないように注意しましょう。1に戻り、反対側も同様に。これを10回行い、3セットくり返します。

オーバーヘッドデッドリフト

1 脚を軽く開いて立ち、腕を下ろしておなかの前で両手を組みます。

2 ひざを曲げてしゃがみ、両腕は脚と脚の間で下ろします。背中は丸めず、かかとは床につけておきます。

3 ひざを伸ばして立ち上がり、同時に手を組んだまま両腕を天井に向けて振り上げます。おなかの筋肉を使い、上体が反るのを抑えながら、2→3をテンポよくくり返します。これを10回。3セット行います。

これはNG!

腕に上体が引っ張られ、背中が反ってしまうのはNG。おなかの筋肉で踏ん張り、上体をまっすぐにキープしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ