無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫が反省してない時の10つの仕草

猫が反省している時は、目をそらすと言います。飼い主さんが叱った時にプイッと目をそらすのは、負けも意味しているようです。では、愛猫が反省していない時は、どんな仕草をするのでしょう?猫が反省していないと考えられる10の仕草、見ていきましょう。

ひよしりん

ペット

猫が反省してない時の10の仕草

猫が反省していない時、どんな仕草をするのでしょう?

・仕草1 また他のいたずらをする
・仕草2 イカ耳になる
・仕草3 スリスリする
・仕草4 転化行動をする
・仕草5 舌を出してペロペロする
・仕草6 ごろんごろんする
・仕草7 睨んでくる
・仕草8 粗相をする
・仕草9 鳴き声をあげる
・仕草10 飛びかかってくる

仕草1 また他のいたずらをする

猫を叱ってもまたすぐに他のいたずらをしたら、反省などしていないと考えられます。猫からするといたずらのつもりはないのかもしれませんが、飼い主さんの気を引きたいなどで、わざと物を落とすことも。もしかすると、寂しいのかもしれません。

仕草2 イカ耳になる

イカ耳になる時は、猫が不快と感じている時です。飼い主さんの叱る声が「うるさい!」と感じているのかも。果たして、自分が叱られているのかどうか、分かっているのかは疑問です。

仕草3 スリスリする

叱っているのに猫がスリスリしてくると、「反省したのね。」と思ってしまいがちですが、実は猫からすると「飼い主さんがなんか機嫌悪いみたい。大丈夫?」という気持ちのよう。飼い主さんがなぜ怒っているのか、全く分かっていません。

仕草4 転化行動をする

爪とぎをしたりあくびをしたり、毛づくろいをする時は「転化行動」と言い、猫がストレスを感じている状態です。飼い主さんが怒っている事にストレスを覚え、そのストレスを発散させようとしています。反省というよりかは、自分の中の不快感をなくしたくてしている行動なので、反省からは程遠いかも・・・

仕草5 舌を出してペロペロする

猫が舌をペロペロしている時は、どうしようか対処を考えている時、と言われています。にゃんか飼い主さんが怒ってるけど、どうしたら良いんだろう?と猫なりに必死に考えているのでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ