無料の会員登録をすると
お気に入りができます

むくみや頻尿、食欲不振に悩まされてない? “冷え”からくる不調に効く「温め習慣」

レシピ

手足が冷たい、むくみが気になる、食欲不振で夏バテ気味…冷えが体に及ぼす影響はさまざま! 放っておくとたいへんなことになるかも !? そこで、麻布ミューズクリニック院長の玉田真由美先生に今すぐ実践したい解消法を伺いました。

“冷え”を侮らないで! 放置すると疾患に悪影響が

「冷えは、漢方でいう未病の代表格。『気(生命のエネルギー)・血(血液とその働き)・水(血液以外の無色の体液)』、どのバランスが崩れても冷えを引き起こしやすくなり、放っておくと全身のあらゆる疾患に影響を及ぼします」(玉田真由美先生)。

冷房による外からの冷えに加え、冷たいものをとりがちな夏は、胃腸の冷えも深刻です。「胃腸が冷えると消化吸収力が弱まり、栄養を取り込む力、熱を産生する力が、どんどん低下していきます」。女性に多い手足の冷えも、胃腸が冷えていると治らないそう。「体にとって生きるために大切なのは、末端よりも内臓。内臓を温めるのを優先させるので、手足の冷えを補うところまで追いつかないのです」。

また冷えの放置は、月経不順や月経困難症、アレルギー疾患なども悪化させやすいとのこと。本格的な不調に発展する前の、早めのケアがマストです。

1つでも当てはまったら“夏冷え”の可能性あり!

●おなかを触ると冷たい

●顔色が悪く、肌がくすんでいる

●肌がカサカサしている

●手足がむくみやすい

●食欲がない

●生理痛が重いなど月経トラブルがある

●トイレに行く回数が増えた、または少ない

●お風呂上がりでもすぐに冷える

●手足または上半身だけほてる

●肩や首、背中に凝りがある

●便秘や下痢になりやすい

●汗をたくさんかく、または全くかかない

【冷放置えをするとこんなトラブルに!発展】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ