無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アクセサリーで秋を先取り♡大人っぽいタッセルピアスの作り方6選

お盆が過ぎたら、まずはアクセサリーで秋を先取りしてみませんか?タッセル付きのピアスならシンプルで合わせる洋服を選ばず、しかもコーデが垢抜けて見えますよ♡

2018年8月
DIY

アクセサリーで秋を先取り♡

お盆を過ぎると秋の気配を少しずつ感じられるようになりますが、秋服を着るにはまだまだ暑い時期ですよね。そこでおすすめなのが、アクセサリーで季節感を先取りすることです。

Photo by Pete Bellis / Unsplash

シンプルなタッセルピアスなら簡単に手作りできる上に、洗練された印象を与えてくれます。早速作り方をチェックしてみましょう。

①レザータッセルとチェーンのピアス

creon-diy.jp

まず最初に、レザーとチェーンを使ったタッセルピアスの作り方をご紹介します。白のレザーは、夏らしいコーデにも合わせやすいですよね。

材料

creon-diy.jp

チェーン1本
合皮ヒモ1本
カツラ2個
U字フック2個
丸カン2個

カツラ ライトゴールド

PARTS CLUB

¥ 160

タッセルをまとめるには、カツラと呼ばれるキャップが必要です。こちらのパーツクラブのものは、10個入りでこのお値段!お金をかけずに、お洒落なピアスを5セット作ることができますよ。

商品詳細
カツラ ライトゴールド
www.partsclub.jp
商品詳細

早速作ってみましょう

creon-diy.jp

合皮の紐の先をカツラに入れて、長さとボリュームを決めておきます。この時点では、まだ接着剤を使わないでくださいね。

creon-diy.jp

紐の長さに合わせて、チェーンもカットしましょう。デザインが決まったらカツラの中に接着剤を塗り、紐とチェーンを詰めます。塗り過ぎると接着剤が漏れてしまうので、少なめにしておいてくださいね。

creon-diy.jp

もう一度全体の長さを調節したら、最後にフックピアスを取り付けましょう。そのまま繋げてもOKですが、間に丸カンを挟むと作業しやすくなりますよ。

さらに詳しい作り方はこちら
記事に関するお問い合わせ