無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事や人間関係で感じる気疲れ、生きづらさの正体|「繊細さ」をかくして生きる「かくれ繊細さん」とは

ライフスタイル

隠れ繊細さんが人間関係で悩みやすいポイント

・元気で明るいお笑いキャラと思われたいが、いつも好きでやっている訳ではない。場の雰囲気を重視してあえてやっていることを理解されないことがツライ。

・飲み会や人と会うのも楽しいけれど、一人になるとホッとする。

・迂闊に言ってしまった一言をずっと引きずってしまう。周りは忘れてしまっているのに。

・気を使っていることを悟られたくないが、気を使っていることを当たり前だと思われると内心は腹が立っている。

かくれ繊細さんが恋愛・結婚で悩みやすいポイント

・自分が結婚したいというより「結婚していないとやばい人だと思われる」という理由で焦って恋愛しようとする。

・好きになる相手も、「こういう人と結婚したら周りは喜んでくれるだろう」という理由で選ぶことがある。

・自分はどんなことやヒトが好きなのかよくわからない。

・強気で迫られると、「まあいいか」とまんざらでもなくなり、押しに弱いなぁと思う。

・合コンや街コンなど出会いの場が苦手。

・自分を先回りして「引き立て役」にしてしまう。が、自分の役回りのばかばかしさに気づいて凹む。

・女性らしい振る舞いをしていないのに、自分だけ女性扱いされないと傷つく。

隠れ繊細さんが自己評価で悩みやすいポイント

・自分に自信がないから仕事を頑張らないと価値がないと思っていた

・常識のない人と思われたくない

・「一般常識がない」と見抜かれないように必死に一般常識を身に着けようとしているが、どこまでも「普通」になれない。

これから、こんなかくれ繊細さんの悩みとその解消の方向性について、お話してこうと思います。該当の方も、お近くに該当している方がいる方にも、読んでいただければと思います。次回は、「頼まれると断れない、誰かに頼れない。その結果、パンクする」についてお伝えしていきたいと思います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ