無料の会員登録をすると
お気に入りができます

筋肉痛はなぜ起こる? 筋トレ初心者でもやせるダイエットプログラム[7daysスクワット6日目]

フィットネス時代と言われるなか、なかなか運動を習慣化できないとお困りの人もいるのでは。そんな人におすすめなのが、新著『7Daysスクワット』(学研プラス)で紹介している短期集中ダイエット。7日間で-2kgを目指すプログラムの内容から一部をご紹介します。

ライフスタイル

どうして筋肉痛は起きるの?

筋トレをはじめると、数日以内に筋肉痛を感じる人がほとんどでしょう。筋肉痛は悪いものではありませんが、そのメカニズムにはまだ解明されていない部分も存在します。

有力な説では、筋肉の細胞(筋繊維)に与えられた刺激によって、分解・炎症が起こると考えられています。しかし、近年の研究では知覚過敏の一種ではないかという解釈もされています。どちらの場合も、筋肉にしっかりと刺激が加わらなくては起こらないので、それだけ効果がでてきているものととらえましょう。

筋肉は、外部からの刺激によって細胞(筋繊維)が損傷され、修復の過程でたんぱく質の合成が進み、強くなります。このあとに筋トレを行えば、筋肉の成長がさらに促されるというわけです。修復には36~48時間が必要と考えられており、この期間を「超回復期間」と呼びます。休養日として筋肉を休ませるのもエクササイズの一環と言えるのです。

それでは早速、『7Daysスクワット』より、6日目のスクワットをご紹介します!

<6日目>シシー・スクワット

ひざを前に突き出すシシー・スクワットでは、太もも前面の筋肉をじっくり鍛えることができます。「ひざ上のお肉が気になってスカートをはけない」という人にぴったりのスクワットです。

1、   壁などに手をつき、脚を肩幅に開いてまっすぐ立つ。

2、 かかとを上げ、上体をうしろに倒しながら腰とひざを下ろす。太ももの前面を意識しながら、1の姿勢に戻る。これを8回×2セット行って。

<これはNG!>

上体を立てたままひざを曲げると、太ももの前面がストレッチされないぶん、効果が弱まります。肩からひざまでまっすぐになるように行いましょう。

▼『7Daysスクワット』の内容をもっと詳しく知りたい人はこちらをチェック!

『7Daysスクワット』/学研プラス

7Daysスクワット

監修:比嘉一雄

文/FYTTE編集部

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ