無料の会員登録をすると
お気に入りができます

早起き習慣を身につけるなら今!「朝の30分でジブン時間を充実させる方法」12選

ライフスタイル

⑨アイメイクに時間をかける

せっかく早起きしたのにダラダラしがちというときは、迷わずメイクを始めてしまいましょう。いつもと違うメイクに挑戦して、新しい自分を発見してみるのもいいですね。特にアイメイクはこだわって。

RUNSTUDIO / Getty Images

メイクをすると気分がシャキッとする女性は少なくないはず。マスク生活でも映える目元のメイクに注力すれば、自然とエンジンがかかってきます。流行りのカラーメイクでの印象チェンジもおすすめです。

⑩今一番、頑張りたいことに取り組む

朝のジブン時間って、早起きしたご褒美みたいなもの。この時間は“自分が今、一番大事だと思うこと”に力を注ぎましょう。資格の勉強や、仕事のスキルアップ、本を読んで自分磨きをするのも素敵です。

Halfpoint / Getty Images

自分を成長させるための行動は、自己肯定感も高めてくれます。短時間でも「自分自身のために頑張った」という瞬間を重ねていきましょう。自分の心が本当に大切だと思っていることに重きをおいて。

⑪朝の時間のタイムリミットを決める

早起きしたからといって、時間的な余裕を逆手にダラダラ過ごすのはもったいない……!目的もなくテレビやスマホを眺めていると、あっという間に出かける時間がきてしまいます。

Jacob Ammentorp Lund / Getty Images

起床後の数時間は、思考が整理されて脳が活性化される時間帯。タイムリミットを決めて、朝のジブン時間を有意義に過ごしましょう。「あまり時間がない」と意識した方が集中力も高まりますよ。

⑫ノートに今日のタスクを書き出す

朝の思考がクリアな状態で、“今日すること”を書き出してみましょう。ToDoリストにまとめてひとつひとつ確認しておけば、やるべきことの優先順位もはっきりします。

shironosov / Getty Images

今日のタスクを書き出して可視化することは、一日を効率的に過ごすヒントが見つかるということ。朝のジブン時間が、日中の過ごし方にまでいい影響を与えてくれるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ