無料の会員登録をすると
お気に入りができます

透明なアイメイクって知ってる? 簡単ふたえ術で垢抜け&目元印象チェンジ!

メイク

ファッションやイベントなどに合わせてアイメイクの色を変えたりしている人もいるのではないでしょうか。しかし、ピンクメイクだと目が腫れぼったく見えたり、大人っぽさを出したいときに濃いめのアイメイクをしても、目の印象がまだ弱かったりとちょっと物足りなさを感じることも多い…。そんなときの救世主が、「透明なアイメイク」! このアイメイクは色ではなく、透明な皮膜で目の形を変えることが出来るので、印象をチェンジすることが出来るのだ。どのタイプの目元でも簡単、自然な仕上がりを作ることができる『ラクオリ リキッドフィルム2』でアイメイクをもっと楽しんでみよう!

理想のふたえラインを見つけたら、鏡を斜め下にし、まぶたにしわが寄らないように伏し目をキープしよう。

決めたふたえラインの内側からまつげのキワに「リキッドフィルム2」をムラにならないように塗る。

筆は、ほどよく液を含み、細くて肌あたりが良いので、ムラなく塗りやすい。液が乾き、透明になったら二度塗りし、完全に乾かそう。乾く前に目線を上げてしまうとまぶたがくっついてしまうので注意。

指で触って乾いたことを確かめてから、Y字スティックでふたえラインを押し込みながらゆっくり目を開け、スティックをスッと離すと簡単にふたえまぶたが完成した。

微調整したいときは、「独自設計のY字スティック」の反対側のI字部分を使うと整えやすい。

ふたえコスメでつくっていると思えない自然な平行ふたえだ…! 強皮膜のおかげで元の奥二重のラインに戻ることもない。透明な皮膜だから元のメイクに影響しないのもうれしい!

自然な二重にしたいときはすっきり自然な「幅狭ナチュラルふたえ」を作ってみよう!

ふたえメイク初心者さんや重めのまぶたの方は「幅狭ナチュラルふたえ」を作ってみよう。先ほどと同じように「独自設計のY字スティック」で理想のふたえラインを探す。

今度は先ほどより狭い幅でラインを作っていこう。

先ほどと同じように液を塗り、乾いたら2度塗りする。

液が完全に乾いたら、あとは「Y字スティック」をまぶたに添えるだけで作れるから簡単だ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ