無料の会員登録をすると
お気に入りができます

くすみをカバーしながら素肌もケアするクッションファンデ!『HAKU ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト』が登場

メイク

資生堂の100年を超える肌研究と先端技術から生まれたファンデーション・美容液『HAKU ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト』。くすみをカバーしながら素肌までケアしてくれるため、ファンデをつけていながら明るく澄み渡る肌へ導いてくれるという。薬用スキンケアと美しい仕上がりを両立させた、資生堂の薬用ケアハイブリッドファンデならではの実力を、さっそくおためし!

資生堂「HAKU」からクッションファンデが登場!くすみをカバーしながら素肌までケア

株式会社資生堂の美白ブランド「HAKU」から、「薬用 ケアハイブリッドファンデ」の第4弾商品が登場!“ファンデタイムで素肌までキレイに”がキャッチコピーの薬用ケアハイブリッドファンデは、ファンデ=肌に悪いというイメージを覆す、薬用スキンケアとメイクによる美しい仕上がりを両立させた画期的なアイテム。ファンデをつけていても肌の負担にならず、美容液のようなスキンケア効果も持つことから、女性たちの間で大人気となっている。

パフ付き・ケースは別売。

今回誕生したのは、医薬部外品の『HAKU ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト(医薬部外品)』(レフィル 全4色・12g・希望小売価格 税込3,520円/編集部調べ・2021年5月21日発売)。乾燥くすみに対応し、透明感と肌全体の印象に着目して生まれた「HAKU」ならではのファンデーション・美容液だ。

透明感アップ&ケアを叶えるため、「透明感保湿成分 ボタニカル カクテル」と、資生堂が13年にわたる研究で薬事開発した「美白有効成分4MSK」を配合。メラニン生成を抑制するだけはなく、溜まったメラニンを排出する効果があるという。

くすみをカバーするのはもちろん素肌ケアも叶うため、ファンデをつけていながら明るく澄みわたる肌に導いてくれるという。SPF30・PA+++でUVケア効果もしっかりあるため、紫外線からも肌を守ってくれて安心!

左:オークル10(明るめ)、右:オークル20(標準色)

カラーはオークル10、オークル20、オークル30、ピンクオークル10の4色展開。自分の肌色に合った色味を選べる。

くすみ・色ムラをきれいに補正!罪悪感なくメイクできるのが嬉しい

今回は明るめの肌色「オークル10」をおためし!

専用のパフをクッション面に数回押しあてて適量をとる。

みずみずしいリキッドテクスチャー。爽やかなグリーンフローラルの香りがほのかに香る。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ