無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無意識に傷つけてない?男性が女性に言われたくないセリフ8選

女性はなんとも思っていなくても、無意識に男性のプライドを傷つけてしまう言葉があります。うまくコミュニケーションを取っていくためにも、男性が言われたくないセリフを知っておきましょう。

2018年8月
恋愛・結婚

男性も言われたくないことがある…

無意識に傷つけてない?

女性が何気なく言ったことで、実は男性が傷ついてしまう言葉があります。知らず知らずのうちに使っていて、いつのまにか男性の自尊心を傷つけているかもしれません。

そこで、男性の前では使わない方が良い、男性が女性に言われたくないセリフをご紹介します。

男性のプライドを傷つけるワード

①「〇〇君かっこいいな~そう思わない?」

会話している男性以外の男性を褒めるのには気をつけて。それだけでも男性は自尊心が傷つくのに、さらに同意を求められるのはかなり切ないことです。

逆に男性から「〇〇ちゃんかわいいな~そう思わない?」と言われたら、事実だとしても複雑な気持ちになりますよね。言われた男性も同じ心境なのです。

②「そんなことも知らないの?」or「 できないの?」

「知らない」「できない」に敏感な男性も多いです。言われると能力が劣っているような気分になってしまいます。特に男性の中で重きを置いている仕事に関して、「知らないの?」「できないの?」はかなりプライドを傷つけられます。

プライベートだとしても、言われてかちんと来る男性もいるようです。知らなくてもできなくても、わざわざ煽るようなことは言わないようにしておくのが良いでしょう。

③「頼りない」

「頼りないな~」と言うのは何気なく出た言葉かもしれませんが、男性にとってはダメージが大きいです。自分の能力が劣っていることを自覚したり、頑張っているのに認められないジレンマを感じたりする言葉なのでしょう。

相手の男性に気になることがあるなら、「こうしたらどうかな?」とさりげなく助言しましょう。きちんとやり遂げてくれたら「頼りにして良かった」と褒めた方が、頼りになる男性に成長してくれます。

④「細いね」

「細い」と言うのは体型を褒めているつもりなのかもしれませんが、男性の中には嫌がる人もいます。太れなかったり筋肉がつかないことに悩んでいる男性にとっては、コンプレックスを刺激されるセリフなのです。

記事に関するお問い合わせ