無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年もあと4ヶ月!1円でも多く貯金をするための10個のチェックリスト

気が付けば、2018年も残り4ヶ月少々となりました。今年の貯金の目標は達成しているでしょうか?1円でも多く貯金を増やすために、チェックすべき項目をまとめてみました。

2018年8月
ライフスタイル

今年の貯金目標金額まであといくら?

毎年、今年こそ〇〇円貯めるぞ!と意気込んでいたのに、年末になると結局そんなに貯められなかった…とガッカリしてしまう経験は多くの人がしています。2018年も残り4ヶ月少々になりましたが、今年の達成率はいかがでしょうか?

あと4ヶ月ですが、まだ諦めるのは早い!もう一度お金の管理を見直して、1円でも多く貯金に回せるように頑張りましょう♡

お金を貯まりやすく管理するために

①貯金は先取り貯金を必ず!

貯金上手の人は「先取り貯金」をしています。あとから余ったら貯金をすればいいと思っても、なかなか上手くいきません。貯金用の別口座を作ったり、会社の財形貯蓄を利用するなど、簡単には引き出せないしくみも重要です。

先取り貯金を始めるのに、ハードルが高すぎても長続きしません。まずは1万円からでも良いので、貯める癖をつけるようにしましょう。

②給料の引き出しは月一回にまとめて

みなさんは、一ヶ月に何回「引き出し」をしていますか?お財布の中のお金が少なくなると、つい細かく引き出しをしがちです。でも、貯金しやすくお金を管理するならば、給料の引き出しは月一回にまとめましょう。

Tomoyo on Instagram: “2017.10.22 ・ 20日過ぎると家計簿postが続きます←🤑 ・ ・ 今月は先月よりもやりくり費を3万円アップさせて クレジットの支払いがあったとき、ATMに行かなくてもその日のうちに処理ができる体制にしました。 ・ ガソリン代はクレジットで支払いますが、…”
instagram.com

月に一度まとめてお金を引き出し、食費や交際費、お小遣いなどと予算分けします。あらかじめ予算を組み、手元にお金をおいた方が、残金を管理するので無駄遣いが防げます。また、余分なATM手数料の支払いも防げますよ。

大きい支出の見直しをしよう!

③格安スマホに乗り換えよう

今使っているスマートフォンは、どこのキャリアのものでしょうか?大手3大キャリアのスマホをお使いでしたら、格安スマホに乗り換えすると、月に数千円安くなることも。

girlydrop.com

格安スマホは、料金プランやデータ量のプランが細かく分かれて設定されています。まず自分のスマホの使い方ではどのプランにするのが一番お得なのか、比較検討してみることをオススメします。

④電気料金の見直しをしよう

今は電力会社が選べる時代です。おおよその電気代が分かれば、各社比較ができます。電力会社の乗り換えは、書類上の手続きだけで、大がかりな工事はしなくてOK!面倒がらずにまずは検討してみましょう。

また、電気の契約アンペア数を落とすことで、基本料を安くすることができます。大幅に落とすとブレーカーが落ちやすくなるという弊害がありますが、可能な範囲で最低限の契約アンペアにすると節約になります。

⑤今入っている保険は適切なもの?

月々の出費で大きなものといえば、保険代です。生命保険や医療保険、損害保険、年金保険、自動車保険など、万が一に備えて保険は大事なものですが、今の自分にとって本当に適切なものでしょうか?

無駄な保険や、保障がダブっていないか?万が一の場合、十分な備えか?など、定期的にチェックする必要があります。多数の保険会社を扱っている、保険の総合窓口に相談すると色々比較検討できますよ。

取り組みやすい食費の節約

⑥飲料は家から持って行こう

職場や外出先での飲み物は、どこで調達していますか?コンビニや自販機でその都度購入しているのであれば、高上がりになります。家でお茶やコーヒーを淹れ、マイボトルに入れて持ち歩けば、節約になります。

@rinnn710 on Instagram: “#マイボトル
最近お気に入りのアールグレイティー😊”
instagram.com

ペットボトル1本では150円ほどですが、毎日のこととなると月に4000円以上も節約になります。夏場は飲み物を購入する頻度も多くなるので、もっと差額が出ますよね。

⑦コンビニに行くのを控えよう

出勤前や、飲み会帰り。コンビニに行くのがつい習慣になっていませんか?パン一個やコーヒー1杯を買うつもりが、コンビニには様々な誘惑がいっぱいあります。余分なお金を落とさないためにも、なるべくならばコンビニに行くことを控えましょう。

コンビニでお弁当を調達するのならば、家からおにぎりを作って行くほうが節約になります。小腹が空いた時用のお菓子を調達するのも、スーパーで大容量パックを購入して、小分けにして食べたほうがお得です。

⑧買い出しはまとめてしよう

食料品や日用品の買い出しは、できるだけまとめてするようにしましょう。足りないものをその都度買いに、こまめにスーパーに足を運ぶと、「特売」「日替わり」などの文字に釣られて余分なものを買ってしまいます。

安いものを買っても、使い切れずに捨ててしまっては結局節約になりません。一週間に一度は冷蔵庫の中身を一掃するような献立を考え、食料品は無駄なく使い切るようにしましょう。

目標のためには自分に厳しく!

⑨二次会には2回に1回の出席

飲み会の付き合いは、社会人として大事なことですが、毎回のように二次会に出席していないでしょうか。一次会を思い切り楽しんで、二次会の出席は2回に1回断る勇気を持ちましょう。

女子会や、少人数の飲み会ならば、二次会を居酒屋やカラオケにするのではなく、カフェに場所を変えるだけでも大幅な節約になります。飲み過ぎは体にも良くないですし、一石二鳥ですよ。

⑩断捨離して部屋も心もスッキリ

家の中が汚いと、モノを紛失しやすくなる→探すのが手間→新しいものを購入→同じものが2つと、悪循環に陥ります。断捨離して部屋をスッキリさせることで、そんな心配もなくなります。

しおり on Instagram: “2018.08.04  おはようございます 暑ーい!🌻   今日は久しぶりに夫婦でお出かけ👫💕 ランチは何食べようかな〜って食べることばかり考えてます🐷    良い一日を🍀   …”
instagram.com

断捨離したもので売れそうなものは、フリマサイトやリサイクルショップで売ると小銭稼ぎになります。年末までに片付けをして、部屋も心もスッキリさせましょう。

早速今日からスタート!

1円でも多くお金を貯めよう、と思ったら一日でも早く節約を意識することが大切です。できることはどんどん、今日からスタートさせていきましょう。年末までに目標金額を達成できますように!

手取り20万円以下! 1年で貯めたい貯金額と貯金術7選

手取り金額が20万円以下。貯金をしたいけれど、なかなか難しい金額ですよね。無理をせずに貯金するためにはどうしたら良いのでしょうか。また、1年で貯められる貯金額はどのくらいなのでしょう。手取り金額20万円以下の貯金術を紹介します。
10375
記事に関するお問い合わせ