無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デリケートゾーンの正しい洗い方を解説。間違ったままだとトラブルの原因に...?

ビューティ

正しい洗い方をマスターしよう!

みなさんはデリケートゾーンをどのように洗っていますか?そもそも、洗い方を意識しているという方は多くないかもしれません。デリケートゾーンは体の中でも本当に繊細な部分なので、体と同じようにゴシゴシ洗うのはNGです。

javi_indy / Getty Images

間違った洗い方をしていると汚れが残っていたり、洗いすぎたりして、トラブルの原因になります。そこで、今回の記事ではデリケートゾーンの正しい洗い方をご紹介!

洗い方&拭き方を動画でチェック

“美容寿命”を伸ばすためにフェムケアの正しい知識を届けるメディア「femme(フェミー)」編集長の山口明美が、デリケートゾーンの洗い方について動画で解説!模型を使いながらわかりやすく説明しているのでぜひ一緒に学んでいきましょう♡

(▼動画が自動で再生されない場合は再生ボタンをクリック)

デリケートゾーンの洗い方まとめ

bymuratdeniz / Getty Images

①専用ソープをしっかり泡だてる

洗浄力の強いボディソープを使うと膣表面の常在菌が洗い流されてしまうため、必ずデリケートゾーン専用ソープを使います。専用ソープはドラッグストアでも取り扱っているのでチェックしてみて。

そして、摩擦が生じないように、泡だてネットなどできちんと泡立てることが大切です。

②前部分を全体的に洗う

まずはデリケートゾーンの前部分を全体的に洗います。たっぷりの泡でふわっと洗ってください。

②大陰唇と小陰唇の間を洗う

恥垢がたまりやすい大陰唇と小陰唇の間をしっかり開きながら洗います。この時“泡を足しながら”洗うのがポイント。最初に泡をたくさん作って洗面器などにためておくと良いですよ。

③後ろ部分を洗う

次に、会陰や肛門を洗います。この時もたっぷりの泡で、摩擦に気をつけながら洗うようにしましょう。

④35〜40℃のぬるま湯で洗い流す

水圧の弱いシャワーで洗い流します。この時、35〜40℃くらいのぬるま湯にすることが大切!できるだけ刺激を与えないようにします。

記事に関するお問い合わせ