無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なぜデリケートゾーンケアは大切?膣トレ方法は?「読者の質問に答えますvol.1」

ビューティ

ロカリ読者からの質問に答えます!

デリケートゾーンケアとかフェムケアって最近よく聞くけど、具体的に何が良いの?どうしたら良いの?...とわからないこともたくさん。

Vladdeep / Getty Images

そこで以前ロカリで実施した「デリケートゾーンケアに関するアンケート」へ寄せられた読者からの質問やお悩みに、フェムケア専用メディア「femme(フェミー)」編集長の山口明美が答えます!

Q.デリケートゾーンケアをするとなぜ色々な効果があるの?

golubovy / Getty Images

冷え性、PMS、便秘などが改善し、美肌効果もあると言われているデリケートゾーンケア。なぜこれほど色々な効果があるのでしょうか。

A.血流がスムーズになり巡りの良い体になるため

まず知っておきたいのは膣からの吸収率。腕からの吸収率を1とすると、膣の吸収率なんと42倍!デリケートゾーンは表皮が薄く角質もほぼないため、血管の通る真皮層にダイレクトにつながっています。

デリケートゾーンを清潔にして保湿をすることで、膣周りが健康な状態に保たれます。それにより血流が良くなり、血管に届いた栄養が全身を巡ります。血液促進だけでも女性には嬉しい効果がありますが、上質なデリケートゾーンケアアイテムを使えばさらにその効能も期待できます。これが、美肌や便秘解消などの効果がデリケートゾーンケアで得られる理由になります。

Q.膣トレって難しそう。初心者でもできる方法は?

Westend61 / Getty Images

山口さんは美容と直結した膣トレーニングの第一人者ということですが、膣トレってなんだか難しそうです。初心者の私でもできるのでしょうか。

A.膣トレは誰でもできるが、コツが必要!

膣トレは誰でも簡単にできますが、“膣に力を入れる”ということ自体を意識できない方が意外と多くいらっしゃいます。膣に力を入れる=押し下げるのは×で、「膣に力を入れる=引き上げる」のが◎の原理です。ここにしっかり意識を向けた正しい知識と膣トレ方法を、私の講座等でも教えています。

膣トレは特別な道具が不要なので、自宅ですぐに始めることができます。今回は基本的な膣トレ「ケーゲル体操」をご紹介したいと思います。毎日朝晩1セット行うだけでも効果がありますよ。

〜まずは準備〜
①ヨガマットやベッドの上に、仰向けに寝ます。
②両足裏をくっつけて、膝をそれぞれ外側に倒し“かえる”のようなポーズを作る。※かえるポーズが痛い方は無理をせず、膝を立てるだけでもOK。
③息を吸う。この時吸った息に合わせてお腹を思い切り膨らませる。
④息を吐く。この時なるべく細い息で吐く。

〜ここからが膣トレ〜
1.仰向けのかえるポーズのまま、息を吸ってお腹を思い切り膨らませる。
2.息を吐く。この時おしりの穴をギュッと締める。
3.息を吸う。
4.息を吐く。この時尿をガマンするようにギュッと締める。
3.息を吸う。
5.息をはく。この時膣を意識してギュッと締める。

「5.膣を意識して」の部分に関して、最初は膣を締めるという感覚がわからない方がほとんど。そんな時は一度起き上がり椅子に座り(もしくはあぐらで座り)、おしぼりのようにくるくると丸めたハンドタオルを股の下に置いて膣トレをしてみると、膣に力を入れた時にわかりやすいですよ。

尚、ケーゲル体操のやり方等も講座で実施していますので、私が代表を務める「3FACE」の公式LINEをぜひご活用ください!様々な講座やイベント情報を定期的に配信しています。

「3FACE」公式LINEはこちら
記事に関するお問い合わせ