無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットが成功しやすい!ちょっとしたうまくいくコツ♡

薄着をする機会が増える季節には、自信を持って肌を露出しようと、多くの人がダイエットに挑戦しています。しかし自分が思った以上の結果を得られない人もいれば、理想的な体型を手に入れられる人もいます。その両者の違いは何なのでしょうか?ダイエットやトレーニングは、ちょっとしたコツで一気に上達するのです。

2018年8月
美容

そろそろ確実に痩せたい!

筋トレや食事制限など、がんばってダイエットをしているのに、なかなか結果が伴わない人もいる一方で、自分の理想通りの体を作り上げる人もいます。どちらもダイエットはがんばっているのに、なぜ結果が全く違うのでしょうか?

今回はちょっとしたコツでダイエットがうまくいくポイントを紹介します。

体のラインの見える服を着る

筋トレする時に意外と大事なポイント

ランニングなどの有酸素運動や、筋トレやスポーツなど体を動かして、ダイエットに励む人もいるでしょう。筋トレをする時に、ダボダボなTシャツを着ている人もいれば、ルームウエアやパジャマのようなラフな服装をした人もいます。

ダボダボウエアでながらトレはNG

しかし体を鍛える上でベストなのは、体のラインが見えること。体にぴったりとフィットしていない服装だと、体の部位や、筋肉のどの部分が動いているかを確認することができません。テレビを見ながら「ながらトレ」をしてしまっては、頭と体がバラバラで何を鍛えたいのかもわからなくなってしまいます。

体のラインが見える服で、鏡を見て集中をする

効果的なトレーニングができている人は、体のラインがしっかりとわかるような服装をして、筋肉の動きをその都度、目で確認しながら動かしています。結果的に「こんなつもりじゃなかった」といった体にならない為にも自分の鍛えている部分を意識してトレーニングしましょう。

どんなウエアを着ればいい?

スポーツブラ+スパッツがベスト

番長みるく/コラムニスト on Instagram: “減量の姿がもはや懐かしい… 早く絞りたい… これ、大会後に爆食いした翌日🤘🏻😎 #ライザップ #筋肉女子 #腹筋女子 #workout #rizap #fitness #diet #gym #training #アブクラックス #ダイエット #筋トレ#トレーニング#ジム…”
instagram.com

体型がわかるウエアといっても、どんな服を着たらいいのでしょうか?理想は、「スポーツブラ+スパッツ」がベストです。体のラインが見えることで、今の体型を隠すことなくわかりますし、「ちょっと痩せた!」とモチベーションも続きます。購入の際、サイズが合っているか確認するためにも、必ず試着をしましょう。

+タンクトップでもいい

番長みるく/コラムニスト on Instagram: “今日は脚トレきつく感じた😭いつもより汗かく…暑いからかな…💦 晴れてお散歩にも気持ちよさそうな天気だったから、明るいウエアでスクワットからのヒップアダクション🍑 #脚トレはトレーナーいる方がいい #きついんだもん #しんどくて逃げたくなる #脚追い込めたらいいのに #ライザップ…”
instagram.com

露出が気になる場合には、「スポーツブラ+スパッツ」の上にぴったりめのタンクトップか、腕の部分が広くなっているタンクトップを着ましょう。二の腕や背中のラインをしっかり確認することができます。

タンパク質の摂り方が大切!

量よりも質が重要

体をキレイに作ったり、質のいいダイエットをするためには、肉や魚、豆などのタンパク質を摂取した方がいいのはもはや有名ですよね。しかし「タンパク質を取ればいいんでしょ」とばかりにヒレステーキを大量に食べたりするのは、正しいのでしょうか?

タンパク質の取り過ぎは太る原因に

タンパク質を摂取する際に、必要なのは量ではなく質です。筋肉の量が多いオリンピックの選手のようにがっつりトレーニングをしているならわかりますが、自宅トレーニング程度の運動量の場合には、多過ぎます。タンパク質にもれなくついてくる脂肪の摂取量が増えて、かえって太ってしまうこともあるからです。

タンパク質の摂取量は決まっている

あまり運動をしない人と、トレーニング習慣がある人では必要量が異なりますが、筋肉を作るために必要なタンパク質の目安は、体重1kgあたり0.8g〜1.8g程度といわれています。

「肉or魚」+「大豆製品or卵」が理想的

より上を狙うなら、栄養バランスを考えて、メイン料理を肉にして、副菜を冷奴にするなどがベストです。メインの料理を肉か魚にして、副菜を大豆製品や卵にすると、理想的です。

プロテインを飲むのでもOK?

理想的なタンパク質を摂取できたらベストですが、毎食完璧な食事をするのは難しいですよね。そういった場合には、プロテインを上手に摂取しましょう。プロテインは、牛乳や豆乳に混ぜると、飲みやすくなります。

たくさん飲めばいいというわけではない

プロテインを食後にしっかり飲んでいるのに、なぜか太ってしまう人もいます。それは摂取量が間違っているかもしれないから。「体にいいから」と大量に飲めばいいというものでもありません。むしろ適切な量でないと、逆に太ってしまう可能性もあるのです。

食事からバランス良く栄養を補給

筋肉量などの個人差にもよるので適切な量のタンパク質を摂取するようにし、不足分をプロテインで補うようにしましょう。ダイエットだからと言って、必要なタンパク質分を全てプロテインのドリンクで摂取するのではなく、なるべく食事から取るようにしましょう。食事から摂取することによって、必要なエネルギー量や、栄養素を補給することが可能だからです。

筋トレの順番が結果に響く

基本は、大きな筋肉から鍛える

基本的には、足・お尻・背中などの大きい筋肉から鍛えるのがベストです。大きい筋肉を最初に使うことによって、エネルギーも燃えやすくなり、最後に小さい筋肉をトレーニングすると効率よく鍛えられると言われています。

鍛えたい部分からスタート

より上を目指すなら、もっとも鍛えたい部分のトレーニングを最初にすること。体に一番元気な状態の時なら、思いっきり鍛えられるからです。「今日は足を鍛える日にしよう」など計画的にトレーニングをすると、まんべんなく全身を鍛えることができますよ。

女子に人気の筋トレはどこ?

いざ筋トレをしようと思っても、どこから始めたらいいかわからない人もいます。女性に人気の筋トレの部位は、お尻、背中、腹筋です。脚ばかり鍛える人もいますが、バランス良く鍛えないと「がんばっているのに、なぜかチグハグな体」になってしまう可能性もあるからです。脚ばかり太いのに、上半身がスカスカな印象だと、鍛えるほどバランスの悪い体になってしまうからです。

バランス良く鍛えること

鍛える部位は、

・背中
・お腹
・脚
・お尻
・腕
・肩
・胸
です。週にどのくらい筋トレをできるかによっても、筋トレの内容も異なって来ます。例えば、ほとんど毎日筋トレができる人であれば、毎日違う部位を鍛えたり、週2回同じ部位を鍛えたらいいのです。

数字よりも、全体的なバランスを見て

「ウエストを何cmにしたい」と数字にこだわる人もいますが、実は大切なのは数字ではなく、見た目のバランスなのです。身長が高い人と低い人であれば、全体的なバランスも変わってきます。理想の体型をイメージする際には、骨格や身長が似ている人を理想にするといいでしょう。

がんばる方向を間違えないで!

せっかくがんばっているダイエットの効果が出ないと、悲しい気持ちになりますよね。頑張る方向を間違えないためには、正しい知識を身につけることが大事。「なんとなく」でスタートして結果が出ない場合は、調べてみると案外簡単に答えが出るかもしれません。

あなたの努力を無駄にしないためにも、いい結果を産むようなダイエットをしていきたいですね。

記事に関するお問い合わせ