無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子供の五月病は周囲のフォローが肝心!原因や対処方法をご紹介

子育て

学生や社会人がかかるイメージのある「五月病」。実は、子供たちもかかることがあります。お子さんを見ていてなんだかいつもと雰囲気が違うな、元気がないなと思うご両親は、ぜひ気にかけてあげてください。この記事では、子供の五月病の原因や対処方法をご紹介します。

子供が五月病にかかる原因とは?

5月に入ると、なんだか今までの力が湧いてこないし、体もだるい。こんな経験がある人も多いのではないでしょうか? その原因は、新年度を迎え、新しい職場や学校、人間関係に順応しようとして無理をすること。ちょうど4月の終わりから、大型連休のゴールデンウィークが始まり、一旦緊張の糸が切れると、学校や会社が始まるときに無気力状態になってしまうのです。

いつも楽しそうにしている子供たちも、例外ではありません。幼稚園や保育所、学校に通い始め、新しい環境や人間関係に心も体もクタクタになっている可能性があります。

これって五月病の症状? 子供が発するサイン

「なんだかいつもと違う感じがする」子供自身がそう思っていても、なかなか言葉にできないでしょう。そんなときに大事なのが、周囲の大人が気づくことです。五月病にかかると、

・朝起きられない

・登園・登校したがらない

・食欲が湧かない

・不機嫌になりやすい

・いつもより甘えてくる

・これまでしていたことができなくなる

・夜眠れなくなる

・めまいや頭痛を訴える

などの症状があります。なかには怠けているような印象を持つ症状もありますが、もちろんそうではありません。このときしてはいけないのが、頭ごなしに子供を問い詰めたり、叱ったりすることです。なるべくゆっくり、子供のペースに寄り添ってあげるようにしましょう。

全部の症状がいっぺんに現れるということはありません。上の症状の中で、ひとつでも当てはまる行動があれば、注意深く様子を見守ってあげてください。

子供が五月病に。親ができる5つの対策

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ