無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫にお留守番をさせる時にしておく9つのこと

学業やお勤めなどで家族全員が留守に...そして家に猫が1匹だけになることってありますよね。そんな1匹で猫がお留守番するときに、猫にしておいてあげるべき9のことについてご紹介させていただきます。

らくだのこぶ

ペット

猫を留守番させる時にしておくこと

共働きなどで猫を1匹でお留守番させることもありますよね。

そんなときに、猫が怪我をしたり体調が悪くなってしまわないためにも留守にするときに猫にしておいてあげるべき9のことがあります。是非参考にしてみてください。

1.出掛けるときはきちんと声かけをする

まず、飼い主や一緒に過ごしている家族が出掛けるとには「いってくるね」「夕方帰ってくるからね」などと声かけをしてあげるようにしましょう。

猫は言葉を聞き取ることはできませんが、声の音や雰囲気によって「お留守番」ということを理解しています。
ですので、出掛けるときにはきちんと声かけをするようにしましょう。

2.トイレは綺麗にしておく

猫は飼い主たちがいない間にも自分で遊んだり餌を食べたりと普段と変わらない行動をしています。そんなときに特に気を付けてあげなければならないのが「トイレ」です。

トイレは出掛ける前に必ず綺麗にしておくようにしておくようにしましょう。トイレは汚れたままになっているとお出掛けをしている間にきちんとおしっこをしているのかわからなくなってしまいます。

また、トイレが汚れたままだと猫はおしっこを我慢して膀胱炎になってしまうので注意が必要です。そして砂もきちんと補充しておくようにしましょう。

3.爪研ぎを設置しておく

猫は自分の武器である爪を研ぎたいと思っています。そんなときに爪研ぎがないとストレスになり、家のあちこちで爪研ぎをするようになってしまいます。

そのようなことになってしまわないようにするためにも、爪研ぎを設置しておくようにしましょう。また爪研ぎにもいろいろな種類があるので何種類か置いてみても良いでしょう。

4.キャットフード

猫を1匹でお留守番させるときには、キャットフードはきちんと入れてからお出掛けをするようにしましょう。

猫は1日3食と決まっていないので、キャットフードが空っぽのままだと1匹の間に空腹を感じてしまうこともあります。そのようなことがないように、キャットフードはある程度の量と複数の種類を準備してお出掛けをするようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ