無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おうち時間に家庭菜園を始めよう![プロが教える]初心者もできる簡単菜園づくりの基本。

ライフスタイル

【POINT.4】水やりはたっぷり、場合によっては肥料も。

水やりは、鉢底から水があふれるくらい、たっぷりとやるのが基本。土の表面が乾いてきたら、すかさず水やりを。また、肥料はつねに与え続ければよいというわけではなく、植物にとってはあくまでも〝栄養ドリンク〞的な存在。タイミングとしては生育期である3〜7月頃に与えるのがおすすめ。

【POINT.5】おうち菜園に適した場所をあらかじめ知っておく。

●どんな場所に置けばいい?
植物がよく育つ環境は、日当たりと風通しがよいところ。家の庭やベランダなら、比較的日は当たりやすいので、意識したいのは風通し。壁や極端な段差などで風の通りが遮られるような場所はなるべく避けて。
●日陰でも育ちやすい植物にもチャレンジ。
「家のベランダの日当たりが悪い」という方にぜひチャレンジしてほしいのが、日陰でも育ちやすい植物。今の季節なら月桂樹(ローリエ)や、レモンのような芳香が楽しめるレモンマートルがおすすめ。

【POINT.6】繁殖力の強いミントは寄せ植え向きではない。

寄せ植えで気をつけたいのは、一緒に植える種類。ミントは繁殖力が強く、他のハーブ類が根を張るスペースも奪ってしまう可能性があるので避けたいところ。どうしても使いたい場合はポット苗のまま入れる方がベター。また、水やり頻度が同じ種類をまとめると長持ちにつながる。

Navigator…諸岡和恵(もろおか・かずえ)

広大な敷地で世界の様々な植物を販売している〈SOLSO FARM〉のマネージャー。ガーデニングの知識も豊富。

自分を高める、学びの教科書。

amazon.co.jpで購入
楽天ブックスで購入
マガジンハウスShopで購入送料 無料
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ