無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人気カフェの2号店がオープン!旬のパフェが楽しめる「カフェ・ド・リオン・ブルー」

本場フランス・リヨンの味や雰囲気を伝える那古野の人気カフェ「カフェ・ド・リオン」が、2018年6月に待望の2号店をオープンしました。
1号店で人気のパフェが楽しめるとあって、早くも行列を生んでいます。

大山洋子

旅行・おでかけ

本場フランス・リヨンの味や雰囲気を伝える那古野の人気カフェ「カフェ・ド・リオン」が、2018年6月に待望の2号店をオープンしました。
1号店で人気のパフェが楽しめるとあって、早くも行列を生んでいます。

リヨンのカフェ文化をきちんと伝える店

セーヌ川のほとりにあるカフェをイメージした店

ブルー・グレーとオフホワイトでまとめられた外観が愛らしい「カフェ・ド・リオン・ブルー」。オーナーの岸本さんはカフェ発祥の地といわれるフランス・リヨンでカフェ学やカフェの文化を学び、「本場のカフェをきちんと再現したい」と2008年に1号店「カフェ・ド・リオン」をオープンしました。本場さながらの雰囲気と味が評判を呼び、またたく間に行列のできる店に。「お客様にもっとゆっくりとパフェやランチを味わってほしい」と2号店を立ち上げました。

店内もフランスのカフェを忠実に再現

リヨンの街角にあるような時計が店内に

約60席の店内はゆったりと広く、落ち着いた空間です。天井に輝くシャンデリア、アンティークのイスやテーブル、窓の外に川が流れる様子もまさしくフランスのカフェの雰囲気。「何度もフランスへ足を運び、忠実に再現したいと思って作りました」と話すオーナー・岸本さんの言葉にも納得です。

店内に流れるBGMもフランスで演奏してもらったという

手書きのイラストで書かれたメニューも印象的

「パーフェクトなデザート」をめざした彩り豊かなパフェ

甘酸っぱいブドウの味がさわやかな「特撰Wブドウのパルフェ」(1998円)

定番のパフェ「タルトタタンラムレーズン」をはじめ、季節のフルーツをたっぷり使ったパフェが常時約5〜6種類そろいます。「パフェはフランス語でパルフェ。パーフェクトという意味です」と話す岸本さん。その名の通り、繊細かつ感性豊かに盛りつけられたパフェはいずれもパーフェクトなデザートそのものです。

リンゴのカラメル煮とサクサクのパイが入った「タルトタタンラムレーズン」(1404円)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ