無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理前の「PMS」症状はタイプ別で解消!3つのタイプを早速チェック

ライフスタイル

排卵後、女性ホルモンは妊娠を維持するために働く

こんにちは。婦人科医の松村圭子です。
生理前の体や心の変化には、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の急激な変化が関係しています。

生理後に分泌量が増えるのがエストロゲンという女性ホルモン。「美のホルモン」ともいわれ、肌の新陳代謝をよくしたり、女性らしい体をつくったりする働きがあります。
そして、排卵後はプロゲステロンというホルモンが増えます。これは、「母のホルモン」といわれ、妊娠に向けて準備をし、赤ちゃんを守るために働きます。

生理前はむくんだり、食欲が増えたりして、ダイエットをしていても体重が減りにくくなるのではないでしょうか。これは、プロゲステロンの分泌量が増え、妊娠した場合に「赤ちゃんを守る」ため、体が水分や栄養をため込もうとするからです。
また、皮脂の分泌が増えるのも肌を守るためだとも捉えられます。眠くなるのも、ムリをせず、ゆっくり体を休ませてね」という体からメッセージなのです。

このように、女性の体に備わっている「妊娠の準備をして赤ちゃんを守る」ための機能が、生理前の体の変化に関わっていることがわかると、PMSに対する捉え方が前向きなものに変わりませんか?

体の変化の日記帳をつけると自分の不調パターンがわかる

生理前の不調に振り回されないためには、自分のPMSの「マイパターン」を知ることが第一歩です。
まずは生理が何日周期でくるのかを知り、自分の体の日記帳のように「PMSメモリー」をつけてみるのがおすすめです。基礎体温をつけてグラフにし、日々の体・心・肌の状態を書きます。

基礎体温というと、妊娠するために測るものと思われがちですが、自分のホルモンバランスの変化を知るのにとても役立ちます。
生理前にいつごろから不調が出はじめるのか、どう過ごせば体と心がラクになって快適に過ごせるのか、自分に合った体と心のメンテナンスができるようになるんですね。

生理前のパターン別対処法3つ

自分のPMSのパターンがわかったら、次のように行動します。

・無性に甘いものが食べたくなるなら…

ダイエット中だからといって食欲をムリに抑えると、心に反動がきてドカ食いにつながります。ジャンクフードではなく、人気のお店のケーキをごほうびとして食べるなど、生理前は少しくらい自分を甘やかしていいんですよ。生理後、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えると、体調がよくなり代謝が高まります。ダイエットの成果が出やすくなるときに食べ過ぎに気をつけるなど、生理周期の中でメリハリをつければいいのです。

・ イライラしやすい、落ち込みやすいなら…

ストレスで自律神経のバランスが乱れると、生理前にイライラや落ち込みなど精神的な不調が出ることがあります。例えば、人づき合いでストレスがかかるようなら、休日は友達と会うよりも家で映画やドラマをゆっくり見るなど、ひとりの時間をつくるようします。いつでもアクティブに過ごさなければと考えずに、リラックスしたほうがいいのです。

・肌がオイリーになって吹き出物が出るなら…

生理前は、さっぱり系のコスメで保湿をする、動物性脂肪の摂取を控えるなど、スキンケアや食事も工夫できます。また、便秘になりやすいなら、食物繊維、乳酸菌など腸によい成分を意識的にとってもいいですね。

生理前の体と心の変化は人それぞれ違うので、お伝えしたようにPMSのマイパターンを知ることからはじめましょう。自分なりの改善方法を見つけて実行すれば、不調が軽くなって、快適に過ごせるようになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ