無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40代って楽しい!知恵とセンスを磨く「人生の楽しみ方」12選

ライフスタイル

心を豊かに

9.言葉を大切に使う

年を取ると、若さや記憶などいろんなものが失われてしまいますが、自分が身につけた言葉は決して減りません。どんな言葉を使うか、何を言うかで、人となりが見えてくるものです。

HAKINMHAN / Getty Images

言葉を使うときは、たいてい自分から誰かに伝えるときです。友人との会話、家族との話し合い、仕事での指示など。相手に思いやりを持てば、より伝わりやすい言い方になります。言葉を意識して、人とのつながりを大切にしましょう。

10.感情に振り回されず、それでも素直に喜怒哀楽を表に出す

年齢を重ねると我慢を覚えて、ぐっとこらえることが増えませんか。感情に振り回されると、自分自身も身の回りの人も傷つけてしまうので、コントロールは必要です。

Westend61 / Getty Images

しかし、我慢ばかりしていると、自分は何が楽しくて、何が嫌なのか、わからなくなってしまいます。自分を抑えている人は、少しずつ感情を素直に出してみましょう。そこから見つけた、自分にとっての楽しさや幸せを大切に。

11.挑戦する気持ちを忘れない

新しいことを始めてみたいと思っても、年齢が気になって始められない。いつの間にか、「何かしたい」と思えることさえなくなってしまった。そんな人はいませんか?

RunPhoto / Getty Images

何歳になっても挑戦していいんです。新しいことを始めるのに年齢制限はありません。少しだけ勇気を出して一歩踏み出してみれば、きっと新しく刺激的な世界が広がっているはずです。

12.決めつけず、いろんな考えを一度受け入れてみる

長く生きていると、経験から「自分はこう」「あの人はこう」「これはこういうもの」とつい決めつけてしまいがち。間違いではないこともたくさんあります。しかし、考えが凝り固まってしまうと、視野が狭まり、自分が息苦しくなるかも…。

PrathanChorruangsak / Getty Images

年を取ったからこそ、変化を楽しみ、柔軟性を持ちましょう。自分とは違っても、一度は考えを受け入れてみると、視野が広がります。自分の新たな一面も見つかるかもしれません。

人生、40代から楽しい!

Westend61 / Getty Images

40代はたくさんの経験をしてきたからこそ、自分に活かすことができます。また、まだまだ経験値を増やすこともできます。考え方や習慣を身につけて、人生をより豊かにしていきませんか。

ライター/aoikara

記事に関するお問い合わせ