無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[着飾る恋]脱がされたら脱がし返す!横浜流星が恋に落ちた瞬間

エンタメ

ラストの藤野視点が天才的に萌える!!!

このドラマの1番の見どころと言ってもいいのが、毎回ラストの藤野視点の種明かしではないでしょうか。

真柴が着飾っているだけの女かと思っていたら、自分を犠牲にしてまでお年寄りや子連れにタクシーを譲っている優しい内面を知って藤野がつい手を差し伸べてしまった描写や、付箋に記された真柴の気持ちがちゃんと届き、寒空の下鼻を赤くしながら忠犬のように真柴を待つ姿。

恋している時、「あの人ってなんでこんなことしてくれたんだろう?」と理由を考え、答えが出ずやきもきしてしまったりしますが、その答え合わせができるのがこのラスト。

すでに藤野に恋をしてしまっている視聴者としては「そんなところ見ててくれたの?! そんなふうに思ってくれてたの?!」と真柴目線でキュンキュンできるのです。最高。ごちそうさまです。

次回も極上のキュン1人前お願いします! 藤野! あなた!! 天才よ!!!

(やまとなでし子)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ