無料の会員登録をすると
お気に入りができます

別れに直結?彼とのケンカでやってはいけないこと10選

好き同士のカップルも、たまにはぶつかることもあるでしょう。そんな彼とのケンカで、別れにつながってしまう振る舞いがあります。ケンカをしても良好な関係を築いていきたいと考える方に読んでいただきたい記事です。

2018年9月
恋愛・結婚

カップルのケンカは別れにもつながる

問題なのは原因よりも“対応”の仕方

カップルは近い関係だからこそ、ぶつかり合いケンカをすることもあるでしょう。ときにケンカで別れてしまうこともあります。別れに繋がるのは、ケンカの原因だけでなく、ケンカをしたときの振る舞いも大きく関わっています。

Photo by Max Rovensky / Unsplash

そこで、どんな理由であれ、カップルのケンカでやってはいけないことを知っておきましょう。

感情的になりすぎたときが危ない!

1.彼の人格を否定する

ケンカをするとついヒートアップして、思ってもいないようなひどい言葉まで飛び出してしまうときがあります。彼の人格を否定することまで、言ってしまっていませんか?

「だからあなたはダメなのよ」「そんなんだから仕事もできないんでしょ?」なんていうように。あるいは「〇〇さんは素敵なのに、あなたは…」と比較するのも最悪です。彼は傷つき、もうあなたとの関係もどうでもよくなってしまうでしょう。

あとから弁解しても、彼が傷ついたことは打ち消せません。彼女の本音を知ってしまったような心境なのです。ぶつかるときはケンカの話だけすること。彼自身を否定したり罵倒するような言葉はぐっとこらえましょう。

2.無視して話し合いを拒否

ケンカをすると彼の顔を見るのや声を聞くのさえ嫌になることもあります。だから、無視して話し合いを拒否することもあるでしょう。それくらい怒りが収まらないこともたしかにあります。

ケンカしても話し合いたいのは、まだ関係を続けていきたいから。それを無視された彼からすれば、拒絶されているような気持ちになります。

彼の顔も見たくないようなときは、「今はまだ冷静になれないから、時間をちょうだい」など一言だけでも伝えましょう。あなたも彼との関係を終わらせたくないなら、怒っていても相手への配慮が必要です。

3.長文のLINEやメールを送る

ケンカをして自分の言い分や彼への不満について、LINEやメールで送ることもあるでしょう。言いたいことがたくさんあると、びっくりするほど長文になってしまいます。その長文に彼はどんよりした気持ちになってしまいます。

記事に関するお問い合わせ