無料の会員登録をすると
お気に入りができます

むくみもたるみも一掃!頭皮マッサージで理想の小顔に♡

顔マッサージの小顔術は知られていますが、頭皮マッサージにも小顔効果があるのをご存知でしたか?むくみやたるみを防止し、美肌効果まで期待できる頭皮マッサージについてご紹介します♡

2018年9月
美容

頭皮マッサージで小顔をゲットしよう♡

www.photo-ac.com

お風呂上りや朝のメイク前など、スキンケアの前に顔をマッサージする人も多いですよね。マッサージによって血行を促進することでメイクのノリが良くなったり、顔のむくみが取れて小顔効果を得ることができます。

www.photo-ac.com

しかし実は小顔効果をもたらしてくれるのは、顔のマッサージだけではありません。顔と繋がっている頭皮をマッサージすると、頭のコリが取れるのはもちろん、顔のむくみも取れ、小顔効果を得ることが期待できるんです。

www.photo-ac.com

さらに頭皮のマッサージは肩や首などの血行もよくなり、深いリラックス効果を得ることができます。シャンプータイムなど、短い時間で簡単に取り入れられるので、早速取り入れてみましょう♡

まずはブラッシングで

www.photo-ac.com

ブラッシングには頭皮の血行を促進する効果があります。しっかりと頭皮をマッサージする時間がなくても、ブラッシングするだけで頭皮をマッサージをするのと同じ効果が得られます。

www.photo-ac.com

ブラシを頭皮に当てて、頭皮全体にブラシが当たるようにリズミカルにブラッシングしてみましょう。血行が良くなることで、頭皮環境が改善され、髪の毛にもハリが生まれます。

www.photo-ac.com

ただし、強くブラシを当てすぎると頭皮が傷ついてしまうので、力加減には気をつけて。ブラシの先が軽く頭皮にあたるくらいの力でブラッシングしましょう。

自宅で簡単ヘッドマッサージ

こめかみのツボ押しで疲労回復

@clovermiim on Instagram: “angfa  女性の頭皮と髪のことを考えた スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプーから ハリ、コシ、ツヤが気になる人の ボリューム&モイストの組み合わせで使ってみました💡  ほのかにローズの華やかな香り🌹…”
instagram.com

こめかみから側頭部周辺のツボを刺激すると、深いリラックス効果を得られます。側頭部の血行が良くなり、むくみが取れるとリフトアップ効果も期待できます。

こめかみを触って、ちょっとへこんでいるところに指を添えたら、ゆっくりと円を描くように押していきましょう。こめかみから耳の周り、耳の後ろまで側頭部の筋肉を動かすように意識します。

意外とこっている頭の後ろ

tomomi on Instagram: “* * haruシャンプーをお試しさせていただいてから、髪のハリ、コシが復活した気がする!これは嬉しかった♡きしまず、柔らかな泡が潤いを残したまま、汚れだけを取ってくれるから、頭皮にも優しいのがわかります。 * 爽やかな香りに包まれて、洗い上がりがなめらかなのも嬉しいです。 *…”
instagram.com

こめかみから側頭部までをゆったりとほぐしたら、今度は頭の後ろ側をマッサージしていきましょう。目の丁度真後ろにあたる部分から首の付け根にかけて押していきます。

www.photo-ac.com

ゆっくりと上から下に老廃物を押し出すイメージで揉み進めていきます。首は老廃物がたまりやすい場所なので、しっかりとマッサージしてあげることで、頭や顔に溜まった老廃物を流すことができます。

Sayu♡ on Instagram: “. 今日も暑くてムシムシしますー😵💦 こんな日は帰ったらすぐお風呂で サッパリしたいですよね♪  スカルプシャンプー&トリートメントの #SUPERFOODLAB @superfood_lab が今の時期には爽快でピッタリ✩⁎∗  …”
instagram.com

最後に首や肩を回したり、上半身を軽くストレッチして完了。頭皮のコリをほぐし、老廃物を排出することで、たるみやむくみをしっかりケアすることができます。

頭皮マッサージにトライしよう♡

riococo on Instagram: “· haru 黒髪スカルプ・プロ 100%天然由来のシャンプー🍊 · 以前に使って好感触だったシャンプーで、 今、思えばharuシャンプーを使っていた頃は髪も頭皮も調子良くて抜け毛や白髪も気にならない程度だったなぁ~(*´・ω・) · 作り手さんの思いがたっぷり詰まっていて、…”
instagram.com

いかがでしたか?頭皮マッサージを上手に取り入れれば、らくらくデトックス♡簡単にできるので、ぜひ毎日のルーティーンに加えてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ