無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30歳から始めたい!年齢に負けない「美容食事法」12選

美容

エイジングケアは食事も大切

年齢に負けない食べ方・食べ物って?

30歳になってから少しずつ考えていきたい“エイジングケア”。年齢を重ねても健康で美しくいるためには、体の中に取り入れる食事がとても大切です。

Morsa Images / Getty Images

とはいえ、エイジングケアのためにどう食べたらいいのか、何を食べたらいいのかわからないですよね。この記事では、年齢に負けない体づくりのための「美容食事法」をご紹介します。

30歳からの食事のキホン

①1日3食、バランスのいい食事をベースに

kuppa_rock / Getty Images

全ての栄養素が体に必要で、少なすぎたり多すぎたりすると、栄養バランスが乱れます。1日3食、栄養の過不足なく、バランスよく食べるのが健康的な食事の基本です。食事記録アプリなどで栄養バランスをチェックするのも◎。

②旬の食材はおいしくて栄養価◎

los_angela / Getty Images

日本には四季があり、季節によって多く出回る“旬”の食材があります。旬の食材はおいしいだけでなく、栄養価も高いです。旬の食材をに取り入れ、体をいきいきとさせましょう。

③食べ過ぎNG、腹八分目

Westend61 / Getty Images

空腹感は老化を防ぎ、若々しくさせる遺伝子のスイッチとなるのだそうです。だからといって全く“食べない”のは不健康です。若い頃と比べて代謝も落ちているので食べ過ぎは控え、腹八分目を心がけましょう。

若々しい体づくりに欠かせない栄養素

④筋肉や肌を作る「たんぱく質」

Arx0nt / Getty Images

筋肉や肌、髪の毛など体の組織の材料になるのがたんぱく質です。肉・魚・卵などのたんぱく質は、若々しい体づくりには欠かせません。脂質が少ない鶏のササミなどがベター。ちなみに魚の油は健康にいいので積極的に摂りましょう。

記事に関するお問い合わせ