無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アンガーマネジメントって何?イライラが減る考え方・習慣を取り入れよう

ついイライラしてしまうことってありますよね。そんな自分に嫌気がさしていませんか?アンガーマネジメントを取り入れれば、そんなイライラをコントロールすることができます。アンガーマネジメントとはどういうものなのか、毎日を心穏やかに過ごせる方法をご紹介します。

2019年7月
ライフスタイル

アンガーマネジメントって何?

Photo by Pete Bellis / Unsplash

アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールする方法です。怒りはストレスになり、人間関係にも影響を及ぼします。その怒りをコントロールできるようになれば、穏やかな毎日を過ごせるようになるんです。

まずは6秒、冷静になる

Photo by Nick Karvounis / Unsplash

怒りを完全になくしてしまうことはできません。まずは少し冷静になって、起きてしまった怒りを静めましょう。6秒あれば、怒りのピークは過ぎ去るといわれています。

イライラの理由を探る

www.pexels.com

自分がなぜ怒っているのか理由を探ることで、許せることと許せないことのボーダーラインが見つかります。そのボーダーラインを見つめなおせば、より怒りをコントロールできるようになるんです。

心穏やかに過ごすためにできること

①スマホを置いて出かけてみる

スマホでSNSなどを見ていると、周りと比べてしまったり取り残されたような気持ちになり、心がざわつきます。仕事のメールが入ってイライラすることも。

Photo by Jérémie Crémer / Unsplash

思い切ってスマホを置いて出かけてみましょう。今、ここにいる自分のことに集中することで、気持ちがすっきりしますし、充実した時間を過ごすことができます。

②苦手な人からの誘いを断る

苦手な人との付き合いを続けていると、イライラがどんどん溜まっていきます。思い切って断ることも大切。断ったときは気まずいかもしれませんが、その後は心の平穏を保つことができますよ。

③愚痴を言うのをやめる

愚痴を言うとスッキリするイメージがありますよね。確かに、人に話すことで気持ちの整理ができて楽になる効果はあります。でも愚痴ばかり言っていると、その言葉が自分の耳にまた入ることになります。

誰かに対しての愚痴のはずが、脳はまるで自分を責めているかのように錯覚してしまいます。かえってイライラが増してしまうこともあるんですよ。

④口角を上げる

Photo by Constantinos Panagopoulos / Unsplash

今、鏡を見てみてください。口角が下がっていませんか?積極的に口角を上げてみましょう。わざと笑顔を作るだけでも、脳は幸せであると錯覚するんです。自然と気持ちが明るくなってくるはずです。

⑤所作を丁寧にする

せかせかと慌しく活動していると、心が休まらずにイライラする原因になります。一度に複数のことを行うのもあまりよくありません。所作をゆっくり、丁寧に行ってみましょう。だんだんと気持ちが落ち着いてきます。

⑥いい香りの洗剤を使う

香りは心を落ち着けるのに最適です。自分のお気に入りの香りで洗濯してみましょう。洗濯機を開けたときや干すとき、着るときまで大好きな香りに包まれると、穏やかな気持ちでいられます。

⑦呼吸に意識を向ける

pixabay.com

イライラしているときは、呼吸が荒くなっているもの。意識的にゆっくりと呼吸をしましょう。4秒吸って8秒かけて吐くのが基本。ゆっくりとした呼吸は副交感神経が優位になるので、イライラが落ち着きます。

⑧「まぁいっか」を口癖にする

pixabay.com

ちょっとしたミスやトラブルが起こるたびにイライラしてしまう人は、「まぁいっか」を口癖にして楽観的になってみましょう。世の中の大半のことは、どうにでもなること。そう思って気楽に考える癖をつけてみて。

アンガーマネジメントで穏やかな毎日を

Photo by Kyle Loftus / Unsplash

怒りをコントロールできるようになれば、悩んでいた人間関係もスムーズになるかもしれません。自分自身の感情に振り回されることも減りますよ。ぜひアンガーマネジメントにチャレンジしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ