無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋愛感情も一気に冷める!男性が萎えるNGワード集7選

恋愛において言葉で傷つけられると、それまで好きだった気持ちが冷めてしまいます。そうならないために、男性の気持ちが萎えるNGワードを知っておきましょう。

2018年8月
恋愛・結婚

男性が恋愛で嫌がるNGワード

いい感じだったのに冷められた!?

いい感じだと思っていた彼やラブラブだった恋人の態度が最近冷たい…。もしかすると、彼は気持ちが冷めてしまったのかもしれませ。そして、そうさせたのはあなたの言葉かもしれません。

男性にとって、恋愛の中で女性から言われると気持ちが萎えてしまう言葉があります。そこで、恋愛における男性に対してのNGワードを心得ておきましょう。

いい感じだった彼とも関係が逆戻り

①「お兄ちゃんみたい」

まだ恋人ではないもののいい感じの男性に対して、「お兄ちゃんみたい」と言うのはおすすめしません。男性からすると、もうこれ以上恋愛に発展することはないと言われたような気持ちです。彼としてはあと一歩、関係を進めようという気持ちから離れてしまいます。

もし、あなたがその彼のことを恋愛対象として見ているのなら、「お兄ちゃん」以外の言葉を使いましょう。「年上で頼りになる」「一緒にいてほっとする」と具体的に褒めると、男性にも喜んでもらえます。

②「いい人だよね」

これも同じく、恋愛に発展することのない「いい人止まり」の烙印を押されたような気持ちになってしまう言葉です。どうして「いい人」だと思ったのか、その理由をきちんと伝えて褒めた方が男性は喜びます。

「〇〇君優しいよね。私優しい人って好きだな」「いつも仕事に協力してくれてありがとう」なんていうように。もし恋愛対象として相手を見ているのなら、「恋愛対象外」と思われてしまう言葉は避けましょう。

③「元カレに似てる」

「元カレに似てる」と言うのは、男性からすると良い意味なのか悪い意味なのかわかりづらいです。たとえ褒めていたとしても、いつでも心の中で比較されているような気持ちになってしまいます。

過去の恋愛については、聞かれない限り話さないこと。あまりにも元カレの話題が多いと、まだ未練があるのかなと思われてしまいます。

付き合っている中でのセリフ