無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「頑張ってね」はNG...落ち込んでいる彼の上手な慰め方

彼が仕事や家庭のこと、プライベートなことで落ち込んでいる時に、どんな対応をしていますか?まさか「がんばってね」なんて励ましていませんか?落ち込んでいる人を励ます時の「がんばってね」はNGなんです。その理由とは?

2018年8月
恋愛・結婚

落ち込んでる彼に「がんばってね」はNG!

彼が仕事や家族のこと、プライベートなことで落ち込んでいる時には、どんな風に励ましていますか?励まさなきゃと思って、つい「がんばってね」と言ってしまう人は少なくありません。しかしやみくもにこの言葉を使うのは危険です。なぜ「がんばってね」と励ましてはいけないのでしょうか?

すでに彼は全力でがんばっている

もうこれ以上、がんばれないから

彼が落ち込んでいるのは、すでに全力で頑張っていて、その結果うまくいかないことが起こったからです。励ましてほしい彼女に「がんばってね」と言われてしまうと、「もうこれ以上がんばれないし、何をがんばったらいいかわからないよ」と余計に落ち込んでしまい、とりあえず励ませば良いと思っているような発言に「彼女は俺のことをわかっていない」と感じてしまうのです。

ハグとキスでまずはスキンシップをする

まるで母のように優しく包む

彼が落ち込んでいる時には、彼女からの癒しやぬくもり、優しさで包んであげるのが一番です。感情的になっていたり、情緒不安定になっている人にとやかく言うよりも、ハグとキスで彼を包んであげましょう。頑なになっている場合でも、優しく母のように「おいで」とハグをしてあげることによって、彼は弱音を吐きやすくなったり、彼女に甘えやすくなるのです。

頭を撫でたり、頬にキスをしてあげることで、彼女に甘えながら何があったのかを言いやすくなります。男性はプライドが高く、なかなか本音を彼女に打ち明けられず、弱いところを彼女に見せるのが恥ずかしいと思っています。

女性からすれば、弱いところを見せられる彼氏はとても可愛らしく見えますよね。しかし男性はうまくいっている時だけ見てほしいと、カッコつけたい生き物なのです。

彼の話を徹底的に聞く

話の腰を折らない

彼の気持ちが落ち着いたら、「どうしたの?」や「何があったの?」と彼に聞きましょう。すぐに話してくれない場合や、話しにくそうな時には、「言いたくないことは言わなくていいよ。言える範囲で話してみて」と伝えましょう。

彼が話し始めたら、「なんで?」「それ、ひどくない?」などと話の腰を折ったり、質問をせずにただひたすら話が終わるまで聞くようにしましょう。話を聞いてもらうことによって、彼は胸の中にあるモヤモヤを吐き出すことができて、少し落ち着きます。

記事に関するお問い合わせ