無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ながらでできる簡単マッサージ「こぶしカッサ」で“やせる生活”スタート!

道具は自分のこぶしだけ、いつでもどこでもすぐにできて、しかも効果抜群!と話題の「こぶしカッサ」。これまで、基本的なやり方や悩み別こぶしカッサの方法をご紹介してきました。でも、「具体的にはいつやるといいの?」という疑問もありますよね。そこで今回は、代官山山口整骨院の院長・山口良純さんの著書『やせるこぶしカッサ』から、毎日の中で効果的にこぶしカッサを取り入れる方法をお伝えします。

美容

軽い動作で筋肉を動かし続けることこそ、代謝アップ&やせる秘訣!

「こぶしカッサ」とは、こぶしを使って筋肉のこりをほぐし、基礎代謝を上げていくダイエット法のこと。「お尻」「お腹」「太もも」という大きな筋肉がある部分をこぶしでしっかり刺激し、全身の血流をよくして代謝をアップすることで、気になる部分のシェイプアップができ、やせる体へとつながっていきます。

また、多くのダイエッターが「やせるためには、激しい運動をしなきゃ!」と思いがちですが、実はやせるためには、ハードな動きは必要ありません。軽い動きで血流を促し続けることで、高代謝がキープできます。

つまり、日常生活の中で血流促進を意識した軽い動作を取り入れる&こぶしカッサで筋肉のこりをほぐすことが、ダイエットを成功させるコツなのです!

今日から実践!こぶしカッサで“やせる生活”

具体的には、毎日の生活の中でどのようにこぶしカッサを取り入れればいいのでしょうか。シーン別におすすめの動作とこぶしカッサのやり方をご紹介します。

【朝】歯磨きしながら血流促進!つま先の上下運動でふくらはぎの筋肉を目覚めさせる

忙しい朝は、ながら動作がおすすめ。そこで、歯を磨きながら血流をアップさせましょう。血流促進に大きな効果があるふくらはぎの筋肉を動かして、代謝アップ&むくみを解消します!

<やり方>

イスなどに手を添えてお腹を伸ばし、かかとの上げ下げを20回くり返す。

【昼】オフィスで座り姿勢によるこりを解消!

デスクワークが多いと、体はほんの一部分しか使われていないので、大きな筋肉が眠ってしまっています。そこで、仕事中も無理なくこぶしカッサにトライ! しっかりとこりをほぐして、代謝をアップさせましょう。

1.お尻まわり

うしろから見るとこんな感じ。

<やり方>
まずは、基本のこぶしカッサでお尻のこりをほぐしておきます。

基本のこぶしカッサ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ