無料の会員登録をすると
お気に入りができます

恋がすべてになってない?“恋愛至上主義”のメリット・デメリット

「常に恋をしたい!」「何よりも恋愛が大切!」「彼のためならなんだってしたい」そんな恋愛至上主義は、人生が楽しい生き方です。しかし、良いこともあれば悪いこともあります。デメリットを改善すれば、もっと素敵な恋愛ができるかもしれませんよ。

恋愛・結婚

「軽い女」と思われてしまう

恋人が途切れることがないため、男性からすると「軽い女性なのでは」と思われてしまいます。そう思って声をかけてくる悪い男性もいるでしょう。付き合ったとしても、男性が将来までを真剣に考えているわけではないこともあります。

■直すべきポイント:ひとつひとつの恋愛に真剣に向き合う

もちろん、恋愛至上主義の方もひとつひとつの恋愛に対して真剣でしょう。ただし、「好き」ならすぐにアプローチして、冷めたらすぐに別れてというように、少し感情に導かれすぎなのかもしれません。

それでは自分の感情ばかりで、相手と向き合い尊重できてはいないかもしれません。相手をしっかりと見て、もっと良い関係を築くためにはどうしたら良いのか、じっくり向き合う恋愛もしてみませんか?

恋愛もそれ以外も大切に

Photo by Joanna Nix / Unsplash

恋愛至上主義の方は、恋愛を大切にできます。相手を心から思えるというのは、素敵なことです。ただ、周りが見えなくなってしまうこともあるので、そこを改善すれば、あなたにとってもっと素晴らしい人生を送れるはずです。

記事に関するお問い合わせ