無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10日でウエスト-4㎝も!話題の「足パカダイエット」で夏休みの“食べ過ぎ腹”をリセット!

ライフスタイル

「簡単な動きで覚えやすいから、いつでも家でできる」「お腹やせに効果抜群!」「テレビ見ながらできるからいい!」「太ももが細くなった!」など多くの喜びの声がSNS上で話題の「足パカダイエット」。FYTTEでも記事を紹介したところ、数か月にわたってヒット記事となっています。そこで、つい夏休みの暴飲暴食でお腹まわりが気になる…という人に向けて、足パカダイエットのやり方をおさらいします!

松井 薫

動きが単純なので、すぐに覚えられて実践しやすい!

動きが複雑なエクササイズだと、覚えるまでに時間がかかってしまいますよね。その点、足パカダイエットは、一度説明を読んだら忘れないほど超カンタンなので、すぐにでも始められます。また、1セット30回程度なので、テレビを見ながら、本を読みながら、スマホをいじりながら、毎日のすき間時間にできちゃいます。

「筋トレ苦手だけど、私にできるかしら?」と不安に思った人、心配いりません。寝ながら行うエクササイズがメインなので、余計な筋力を使わなくてもOKなんです。立って行うエクササイズの場合、重力によって全体重が脚にかかるため、当然脚の筋肉への負荷も大きく、やりすぎるとムキムキになってしまう可能性も。足パカダイエットの場合は、あお向けになって行うので脚の筋肉への負担が少なく、モデルさんのようなほっそりと適度に引き締まった脚になれるのです。

成功に導くためのポイントは、2種類のペースを使い分けること!

足パカのエクササイズは、基本的に2ポーズで構成されています。(1)足を閉じる→(2)足を開くを「1パカ」として、(1)→(2)→(1)→(2)とくり返していくだけ。自分の体力や目的に合わせて、呼吸法や秒数をチョイスしましょう。

【燃焼系】初心者におすすめ!

自然呼吸で、1秒ごとに動作をくり返す方法。目安は1セット20~30パカ。負荷が軽く長く続けられるため、有酸素運動となり、脂肪を燃焼する効果が期待できます。

【筋トレ系】体力に自信のある人はこちら!

(1)→(2)を息を吸いながら5秒、(2)→(1)を息を吐きながら5秒というペースで、1セット10~20パカくり返す方法。筋肉への負荷が適度に高まるため、引き締め効果がよりアップします。

では早速、基本の足パカを実践してみましょう!

太ももの内側とお腹まわりに効く!「ヨコパカ」(1セット20~30パカ)

1. 両脚を閉じ、左右の足を軽くタッチする

太ももが床に対して垂直になるように両脚を上げる。左右の足の内側が軽く触れ合う程度に両脚を閉じる。

2. 太ももに効くまで、両脚をできるだけ大きく開く

太ももの内側がイタ気持ちよくなるくらいが目安。

<ポイント>

・脚の角度が低いと腰を痛めるので、太ももが床に対して垂直になっているかをチェック

・反動をつけず、ゆっくりと足を開閉する

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ