無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏までに下半身を細くしたい!太ももやせ&美尻を叶える「押すだけダイエット」

美容

押すだけでどうしてやせるの?

「足首回し」で、15kgやせを叶えて、スリムな美脚も手に入れた美脚トレーナーの久優子さん。じつは、足首まわしと同時に行っていたのが「押す」こと。

足首回し

「足首をていねいにまわそうとすると、くるぶしの横に指が行くので、そこを自然に押すようになりました。するとそこが支点となって足首の可動域が増え、脚が細くなっていくのを感じたんです。そこで毎日、足首まわしに「押す」のもプラスしてみました。このおかげで着実に体が引き締まっていき、15kgもやせられたのです」(美脚トレーナー 久優子さん)

なぜ「押す」とやせられるのでしょうか?

「それまでは私は、やせたい一心で足をもんでいたのですが、それでは何も変わりませんでした。〝もむ〟では表面にしか働きかけられないからだと思います。でも〝押す〟は、深部にまで届いて骨、関節や筋肉にまで働きかけるので、その刺激でリンパや血液の流れがよくなります。
とくに、ひざ裏やそけい部、わきの下など、体のあちこちにはリンパ液をろ過するためフィルターのような役割をする〝リンパ節〟がありますが、ここは老廃物が最もつまりやすい部分。押すと、このリンパ節のつまりも解消するので、リンパの流れがスムーズになり、老廃物の排出を促進することができます。
また、関節の骨のキワをしっかりと押すことで関節がゆるみ、ゆがみが改善しやすくなり筋肉も正しい位置に戻ります。さらに、押すことで体のさまざまな臓器とつながるツボや反射区も刺激されるので内臓も活性化し、その面からも代謝が上がります。このように〝押す〟は、リンパ、血液、関節、ツボや反射区という4つにアプローチできるので、効果的にやせられるのです」

押す力は“イタ気持ちいい”が正解!

「押す力加減が弱すぎる人も多いのですが、イタ気持ちいいと感じる強さでしっかりと奥まで押しましょう。軽く押しただけで痛く感じる場合は、そこに老廃物がたまっているからです。痛いからといって力を弱めたりせず、イタ気持ちよく感じる強さでしっかりと押しましょう。コツコツと続けると老廃物が排出されていき、痛みはどんどんなくなっていきます。
また、脚以外のパーツを行うときも、必ず足指や足裏などから刺激するほうが効果が上がります。足首まわしをしてもいいですし、足の親指(爪側)を床に押しつけて足の甲を反らせるだけでもOKです」

また、行うときには、こんな注意点が。

「血液循環が悪くなっている人は、強く押し過ぎると内出血する場合があります。これを防ぐため、足が冷えていて血液循環が悪くなっていると感じたときは、お風呂などで足を温めてから行いましょう。
また、お酒を飲んだあとに行うと、酔いが回りすぎて気分が悪くなることがあるので避けましょう」

「美脚の4点」がつくことが理想的な脚

そんな久さんが考える美脚の定義とは?

「左右のかかとをつけてつま先を少し開いて立った時、太ももの内側、ひざの内側、ふくらはぎの内側、くるぶしの内側の4点がつくのが美しい脚の条件です。これを私は〝美脚の4点〟と呼んでいます。
ただ細いだけだったり、骨格がゆがんでいたりするとこの4点はつきません。でも足首回しと〝押す〟を習慣にすれば、ゆがみが改善して4点がつくようになっていきます。これを目指してぜひ継続してください」

裸足になって、左右のかかとをつけて、足先を少し開いて自然に立ちます。太ももの内側、ひざの内側、ふくらはぎの内側、くるぶしの内側の4点がつくのが美脚の条件。
それでは、さっそく押すだけダイエットに挑戦していきましょう!

押すだけダイエット<脚やせ編・太ももを細くする>

1、片脚のひざを立てて座り、太ももの外側を握りこぶしの第2関節で、ひざの横から太もものつけ根まで押していきます。押し流さず、手を移動させながら押していきましょう。

2、次にひざを外側に倒して、内ももを手のひら全体でまんべんなく押します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ