無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日1分、3回!マイナス思考をプラスに変えて「自信が持てるヨガポーズ」

ライフスタイル

この地球上にあなたという存在は1人だけ

人間どうしても自分を人と比べてしまうことが多々あります。
実際、私もときには自分と他人を比べてしまいますが、そんなときにはマインド(思考)を切り替えて、自分のスペシャルな部分にフォーカスを当てます。

どんなに人と比べても自分はその人にはなれないし、相手も自分にはなれない。だからこそ、自分を深く知り、自分の得意分野やスペシャルな部分を見つけ、世界でたった1人しかいない自分に思いやりを持つことが大事です。

アメリカ・ハワイで学んだことの一つが自分らしさを大切にするということ!
日本の学校や社会では協調性やグループ行動というのを学びますが、アメリカ・ハワイの社会や学校では個人のユニークさというのを大切にします。これは、どちらも大切なエッセンスではあります。

自分だけしか持っていない何かスペシャルなものを見つけるということを幼いころから学ぶアメリカ社会。個人の自由、権利を大切にする国だからこそ、自分だけが持っている個性を大切にするという考え方が生まれるのだと思います。

私たちはどうしても外見でものごとを判断してしまいがちですが、誰しもが心の中に悩みや考えごとがあり、そして人生にはチャレンジもたくさんあります。自分が他人を見て、「あの人いいな〜」と思っているとします。でももしかしたらその相手もあなたを見て「いいな~」と思っているかもしれないのです。

ハワイには数々の美しい花々があります。ハイビスカス、プルメリア、ジンジャーなど、いろいろな種類のお花や植物たちがあり、どれもみんな違っていて、それぞれの美しさを持っています。私たち人間も一緒。この地球という大きな場所にはさまざまな人種がいて、肌の色も違えば、宗教、考え方、育った場所に環境と、みんなそれぞれが独自のユニークさ、スペシャルな部分を持っているのです。

そんな自分にしか持っていない素晴らしいエッセンスを探し、そこにフォーカスを当てることで自信が生まれてきます。自信が生まれてきたら、自分を人と比べてもそこでプラスに物事を考えることができ、自信を失うのではなく人の素晴らしい点からインスパイアーされて自分をもっと向上しよう!という風にきっと考えられるようになると思います。

自分の中にあるスペシャルなものを知り、それを磨きあげることで、きっと石がダイヤモンドへと変わり、内側から輝きを放つでしょう。

次のページでは、自分に自身が持てるようになるヨガのポーズをご紹介します。

自身が持てない、気持ちが落ち込んだときにおすすめのポーズ

ここで自分を人と比べてしまってちょっと気持ちがマイナスになってしまうときにできるとても簡単なヨガのポーズを1つ。

まず、腰幅に足を開きしっかりと足に力を入れて立ちます。
目を軽く閉じてゆっくりと鼻で息を吸いながら腕を頭上に持ち上げて、吐きながらゆっくりと体の側面に降ろします。これを3回。
最後にもう一度吸いながら腕を持ち上げて、吐きながら手を背中の後ろへ持って行き、組みます。
そのままホールドしながら、吸うと共に背骨を少し頭上へ伸ばし胸を斜め上に上げて開き、自分の内側にあるスペシャルなものが輝き始めるのを想像しながら深くゆっくりと呼吸を3回行います。

呼吸をゆっくりと深くすることで頭がクリアーになると同時に心も落ち着き、胸を開くことで気持ちがアップします。そこに自分の想像力を使い、プラスのことを想像することでさらに気持ちがアップします。

ぜひトライしてみてください!

*写真は本人によるもの。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ