無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頭皮の状態はドライorオイリー?頭皮ケアに必要な自分に合うシャンプーの選び方

すさまじい猛暑が続いた今年の夏。

きっと今年は、肌だけでなく髪の毛の紫外線対策も、がんばった人が多いのではないでしょうか。
そのがんばりを実りあるものにするために、忘れてはいけないのが頭皮のケア。

「皮膚としては、人の体で最も高い位置にあるのが頭皮。
そのため紫外線のダメージを思った以上に受けていて、しかもそのダメージが蓄積しているんです」とおっしゃるのは、多くのメディアで活躍中の美容師、木村旭宏さん。

木村さんによると、紫外線のダメージが蓄積することによって皮脂が酸化してしまい、酸化した皮脂は頭皮を刺激して、トラブルが起きやすい状態にしてしまうのだそう。

「この状態を、放っておくと後々大変だからこそ、毎日使うシャンプーの見直しは必須項目!」と力説する木村さんに、今からできる頭皮ケアを教えていただきました。

木村旭宏

ライフスタイル

頭皮の状態をセルフチェック

まずは頭皮の状態をチェックしてみてください。

例えばシャンプーを数日していなくても、頭皮や髪が脂っぽくならない人はいませんか?
これに当てはまる人は、頭皮の状態が

『ドライタイプ』


頭皮の皮脂量、水分量ともに少なくなっている状態になっている人は、もれなくドライタイプといえます。

皮脂も水分もカラッカラなこの状態が長く続くと、乾燥した頭皮がはげ落ちてフケの原因となってしまったり、かゆみや炎症を引き起こします。

逆に、数日経たずとも半日、一日で頭皮や髪がベタっとしている人は、

『オイリータイプ』

といえます。

とくにシャンプー後、しばらく経ってから頭皮に指の腹をつけてベタっとしたら、もう間違いなくオイリータイプです。

この状態が続くと毛穴を常に塞いでしまい、毛髪の成長を抑制してしまうだけでなく、炎症をおこして赤く腫れたり、細菌類の温床にもなってしまう危険性があるので、ドライタイプ同様、放っておくとよくありません。

以上のどちらにも当てはまらない場合は、

『ノーマルタイプ』

といえますが、ダメージが蓄積した今頃は、ノーマルタイプに当てはまるのは稀といえます(木村さん)

頭皮状態に合わせたシャンプーの選び方

シャンプーといえば“しっとり”“さらさら”“頭皮用”といったように分かれて販売されているものですが、
「じつはその中にも“タイプ”がそれぞれあるんですよ」と教えてくれた木村さん。

このタイプを、しっかり見分けて使うことが、頭皮ケアのポイントなのだそう。

例えば

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ