無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう我慢しない!恋人に自分の気持ちを伝える会話テク5選

恋人に対して直してもらいたいことがあるのに、建設的な会話ができずに喧嘩になってしまうことってありますよね。今回はそんな方のために、自分の気持ちをきちんと伝えて、2人の仲をさらに深められる会話テクニックをご紹介します♡

2018年9月
恋愛・結婚

喧嘩も我慢ももうイヤ

恋人に直してもらいたいところがあるのに、上手く伝えられずに喧嘩になってしまったり、時には我慢してしまったり。「こんなはずじゃなかったのに…」と落ち込む経験がある方は多いはず。

彼ばかりが我儘に見えたり、自分の悪いところばかりが見えたりする時は、心が疲れているサインです。拗らせないうちに、早めに解決してしまいましょう。今回は、そんな時に彼に自分の気持ちを上手く伝えられる会話テクニックを紹介します。

小さな一歩が大事

①甘えながら伝える

もうすぐ喧嘩になりそうなギクシャクとした雰囲気の時は、あえて可愛らしく「手を貸して?」と言って手を握りながら話を始めましょう。スキンシップをしながら話すと、「彼のことが好きだから向き合いたい」という思いが相手に伝わりやすいです。

喧嘩から少し時間が経ってしまったけれど、自分の中にはまだモヤモヤが残っている…。そんな時は、甘い雰囲気の時に「そういえばね、この前の話なんだけど…」と切り出してみましょう。お互い角を立てずに話し合いを進められます。

②目を見て微笑む

感情に任せてヒステリックになってしまっては元も子もありません。相手がムッとし始めても、刺々しい気持ちは堪えて微笑んでみましょう。目を見ながら「怒らないで?」「話がしたいの」と言えばきっと相手に伝わります。

③自分の気持ちを具体的に伝える

怒りの気持ちを隠す必要はありません。その感情を冷静かつわかりやすく相手に伝えることが大切です。「あなたが◯◯なことをすると、私は☓☓だと考えてしまって△△な気持ちになるからやめてほしい」と具体的に自分の気持ちを説明しましょう。理由が分かれば彼も納得してくれます。

④言いたいことはこまめに言う

我慢に我慢を重ねて、突然爆発してしまうのが一番よくないパターンです。彼に「前は許してくれたのに今はダメなんだね…」なんて思わせないためにも、言いたいことはこまめに全て伝えましょう。

今まで我慢してきたけれどそろそろ限界、という方も心配ご無用です。「これまでは許せてたんじゃなくて、嫌だという気持ちを上手に伝えられなかったの」「今なら言える関係になったかなと思って」と前置きして、彼を信頼していることを表しましょう。彼へのポジティブな思いが前提にある、ということを伝えるのがポイントです。

⑤相手の話も聞く

自分がモヤモヤを感じている分だけ、実は彼もモヤモヤを抱えているかも…。自分の気持ちはしっかり伝えた上で、相手の話もきちんと聞きましょう。譲れるところは譲って、譲れないところは主張して。お互いに心地よくいられる関係を築きたいものです。

素直が一番

自分の意見をきちんと相手に伝えるコツは、「素直になること」です。とても難しいけれど、自分にも相手にも正直でいられる人はとても魅力的。ありのままの自分で大好きな彼と素敵な時間を過ごしてください♡

記事に関するお問い合わせ